Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ゆとり」なし「負担」あり。家計消費を握るワーママの節約方法と収入を得る方法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

子どもを育てていると膨らんでくる育児費用。仕事ではなく家事育児に専念しようと思っていた女性も、家計の状況をみて「やっぱり働いたほうが」と悩むことがあるかもしれません。 内閣府の男女共同参画局が発表した「『共同参画』2019年5月号」のデータによると、出産前に仕事をしていた女性のうち、2010~2014年に第一子出産に伴い退職した割合は46.9%で、一方、仕事を続けた人は53.1%と過半数になっています。 産休が取得しやすい職場もあれば、そうでない職場もあります。産後にもう一度、働きたいと思っていても、保育園は争奪戦。再就職は容易なことではありません。

一生働いたとしたら得られる収入はどのくらい?

もし働き続けることができたならば、どのくらいの収入を得ることができたのでしょうか。厚生労働省管轄下の労働政策研究・研修機構が公表している「ユースフル労働統計2018 -労働統計加工指標集-」から、女性の生涯年収(2016年時点)を見てみましょう。  【大学・大学院卒業後から60歳まで】 フルタイムの正社員だった場合…約2億 2,000万円 フルタイムの非正社員(正社員以外)だった場合…約1億2,000万円 仕事を辞めるタイミングによっても生涯年収は変わってきますが、専業主婦を続けた場合、莫大な収入差があることが分かります。非正規雇用であっても働き続けることで、得られる賃金は大きいのです。

厳しい子育て事情

人材サービスを手掛ける株式会社ビースタイルが行なった「家計の消費を握る、働くママの「ゆとり」と「負担」」の調査によると、家計のゆとりがないと答える人は75%にも上ることが分かっています。 ・家計にゆとりが「ある」20.8%、「ない」75.0% ・家計の支出で負担に感じているもの 「教育関連費」57.4%/家賃・住宅ローン49%/食費42%/通信費(スマホなど)40%/保険26% ・生活の中で解消したい負担 生活にかかる金銭的負担56%、子育てにかかる金銭的負担42%、忙しさによる時間のなさ42%、家事・育児の重圧など心理的負担41% この調査はパート探しのサイトに登録している女性を対象としていますので、家計のために第一歩を踏み出している女性たちということになります。 子育て中の女性にとって「家計にゆとりがない」のが実情であり、特に、子どもの学費や学習塾の費用は負担が大きく、重荷であるとの回答が過半数となっています。

【関連記事】

最終更新:
LIMO