Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セブンとローソンの「モンブラン」食べ比べ トロトロvs意外な食感

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 栗といえば秋の果物。栗を使ったケーキの「モンブラン」も秋のスイーツというイメージがあるが、コンビニでは季節に関係なく定番メニューとなっている。コンビニスイーツに詳しいフリーライターの小浦大生氏は、こう話す。 【写真】『イタリア栗の濃厚モンブラン』の蓋を開けてみた

「コンビニでは、モンブランはカップケーキという形で販売されることが多いです。セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの大手3社が通年でモンブランを発売しているというわけではありませんが、コンビニのカップケーキの中では、チーズケーキやティラミスに次ぐ定番。今年の夏は、セブン-イレブンとローソンがモンブランを販売中です」

 そこで、マネーポストのコンビニグルメ担当記者Aが、セブン-イレブンとローソンのモンブランを実食比較してみた。

セブンのモンブランは“まるで飲み物”

 セブン-イレブンで販売中なのは『イタリア栗の濃厚モンブラン』(300円、税込み以下同)。その名の通り、イタリア産の栗を使ったカップ入りのモンブランだ。1個あたりのカロリーは242kcal。

 カップ内は、上からマロンペースト、ホイップクリーム、マロンムースの3層構造になっている。さらに、ホイップクリームとマロンムースの間に、ダイス状のスポンジが入っている。

「マロンペーストもホイップクリームも口当たりはかなり柔らかくて、非常にクリーミー。スポンジは控えめで、上から下までトロトロです」(記者A・以下同)

 クリームがメインというだけあり、口どけもなめらかだ。

「軽い口溶けで、まるで飲み物のように食べられる。そういう意味ではボリューム感は感じにくいかもしれませんが、この食感にハマる人も多いのではないでしょうか。濃厚をうたいながらもくどさは一切なく、とても食べやすい商品です」

ローソンは「ミルクゼリーの意外性」が特徴的

 ローソンでは『CUPKE 夏モンブラン(くず風ミルクゼリー使用)』(295円)が発売中。カロリーは284kcalだ。

 セブン-イレブンとの大きな違いは、1/4個の渋皮栗がのっていることだ。その下に、マロンクリーム、ホイップクリーム、くず風ミルクゼリーが層となっており、一番下にスポンジが入っている。

【関連記事】