Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小林ひろ美さんが回答!夏のスキンケアの悩みには「時間差洗顔」と「冷やし美容」を

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
家庭画報.com

美と健康のお悩み相談室

美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。

【お悩み】猛暑の時季のスキンケアのコツは?

夏は、夕方になると毛穴やテカリが気になります。また、猛暑の時季はスキンケアしたそばから汗をかいてしまいます。

【回答】「時間差洗顔」と、「冷やし美容」で皮脂をコントロールし毛穴を引き締めて

回答者/小林ひろ美さん(美容家) 夏の肌は皮脂や汗が過剰に分泌されるので、べたつきやテカリが気になりますよね。一方で肌の潤いを保つ力は弱くなっています。 さらに、乾燥が原因で開いた毛穴に皮脂がたまり、紫外線を浴びることで酸化してブラックヘッド(毛穴の黒ずみ)になったり……。 どうにかしようとゴシゴシ洗ったり、さっぱりしたスキンケアだけを使うと、どんどん乾燥がひどくなってしまうので注意しましょう。 特に夕方に現れる毛穴やテカりを防ぐには、朝のスキンケアが鍵を握ります。 夏をどう過ごすかによって、ほかの3シーズンの肌が決まるといっても過言ではありませんから、面倒くさがらずに、丁寧なスキンケアを心がけましょう。

「時間差洗顔」で気になる皮脂は落としつつ潤いをキープ

洗顔のポイントは、部分ごとに優先順位をつけること。 まずは鼻のまわりとあご先、次に額と眉の間と、皮脂の分泌が激しいTゾーンに泡立てた洗顔料をのせます。そうこうしているうちに30秒くらい時間がたつので、その後に乾燥しがちなUゾーンを洗います。 時間差で洗うことでUゾーンが乾燥しなくなり、化粧水の浸透力がアップし、TゾーンとUゾーンの皮脂バランスも整います。

毛穴は収れん化粧水と保冷剤で引き締め

猛暑の時期には、私はスキンケアアイテムを冷蔵庫に保管して「冷やし美容」を行っています。 特に毛穴が気になる方は、冷蔵庫で冷やした収れん化粧水をコットンに染み込ませて塗ってみてください。 スキンケアの仕上げにガーゼやコットンで包んだ保冷剤を5秒ほど当てるのもおすすめです。保冷剤は長時間当てると肌に赤みが出てしまうので、あくまで毛穴がキュッと引き締まって、気持ちいいと感じる程度にしましょう。

【関連記事】