Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マイカーが憧れの時代によくぞつくった! 浮世離れした国産車5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
くるまのニュース

1960年代に登場した高級車たちを振り返る

 第二次世界大戦が終結すると、日本でも自動車製造が盛んになりました。戦前から創業していた日産、トヨタ、三菱、マツダ、いすゞ、スズキ、ダイハツに加え、ホンダとスバルが創業し、オートバイ、三輪自動車、四輪自動車を製造。日本の基幹産業へと発展していきます。 【画像】1960年代に登場したとんでもない高級車を見る(18枚)

 そして1960年代になると、日本は高度成長期へと突入。東京オリンピック開催に向け、高速道路網の整備や新幹線の開通といった大きな事業が次々と実現されます。  その頃、庶民がいつか手に入れたいと夢見るものとして「三種の神器」と呼ばれた工業製品があり、Car(クルマ)、Cooler(クーラー)、Color television(カラーテレビ)の「3C」が、憧れでした。  当時、マイカーの普及は始まっていましたが、だれもがクルマを所有できないような時代に、とんでもなく高額な国産車が登場。  そこで、1960年代に登場した、浮世離れしたような国産高級車を、5車種ピックアップして紹介します。

●日産「シルビア」

 日産「シルビア」といえば、現在は「スポーツカー」や「デートカー」というイメージですが、初代シルビアは高級なスペシャルティカーとして登場。  初代シルビアは1964年の東京モーターショーに、ダットサン「クーペ1500」という名で展示され、その後1965年にシルビアの名で発売されました。  シャシは同社のオープンスポーツカー、ダットサン「フェアレディ」をベースとし、美しいデザインの2ドアクーペボディを架装。エンジンもフェアレディの1.6リッターの直列4気筒OHVエンジンを搭載していました。  開口部以外に継ぎ目のない美しいフォルムのボディが特徴で、内装もレザーシートに5連メーター、ウッドステアリングなどがおごられ、スポーティかつ高級感を演出。  また、いまでは当たり前になったフロントディスクブレーキや、トランスミッションにシンクロメッシュを採用するなど、当時の最新技術が投入されています。  初代シルビアは内外装の造形を優先した結果、製造工程の多くが手作業だったため、1965年3月から1968年6月までの3年間に、わずか554台が生産されるに留まりました。  当時の価格は高級車の「セドリック」を超える120万円で、同世代の大衆車「サニー」の3倍にあたり、若者は憧れるしかない存在でした。

【関連記事】