Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FANTASTICS 堀夏喜、抜群のスタイルで織り成すパフォーマンス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 EXILEのパフォーマーである世界と佐藤大樹、EXPGから選出された澤本夏輝、瀬口黎弥、中尾翔太、堀夏喜、木村慧人。「VOCAL BATTLE AUDITION 5」の合格者であるボーカル八木勇征と中島颯太を加えた9人組のダンス&ボーカルグループ、FANTASTICS from EXILE TRIBE(以下、FANTASTICS)。爽やかなビジュアルや楽曲、スタイリッシュなダンス、演劇パートを取り入れた独創的なライブスタイルなどが魅力の彼らが、9月23日に6thシングル『Winding Road ~未来へ~』をリリースした。そこで本連載では、FANTASTICSのメンバーに1人ずつフィーチャー。第7回となる今回は、パフォーマー堀夏喜について紹介していく。  “ほりなつ”こと堀夏喜は、1997年8月6日生まれで愛知県出身。サッカー、柔道、水泳......と幼少期からさまざまな習い事をやっていたという彼がダンスに出会ったのは、小学2年生の時。たまたま家の近くにダンススタジオがあったことから、幼馴染みと一緒に通い始めるようになったそうだ。親の勧めで始めたことや、当時はキッズダンサー=女の子というイメージが強かったことから、最初は嫌々通っていたそうだが、「チームでコンテストに出場するうちに、いつしか『本気の勝負』としてのめり込むようになりました」(引用:https://www.arukita.com/column/baito-ga-atte/2940/)と語っている。小学5~6年生の頃には、当時通っていたダンススタジオの中から『EXILE LIVE TOUR 2009 “THE MONSTER“』のサポートキッズダンサーを募ることになり、堀も見事合格。「もちろんEXILEさんのことは知っていたんですけど、そのステージに携わらせてもらったことで、すごさを間近に見ることができて、全部が変わりました」(引用:https://mdpr.jp/interview/detail/1807711)というように、“THE MONSTER”ツアーのナゴヤドーム公演に出演した経験が、アーティストの世界に憧れる大きなきっかけとなったようだ。しかし、中学1年生から3年生まではダンスを中断。あまり目立ちたがりな性格ではなかったため、中学時代に身長が1年で20cm伸び、身長がコンプレックスになったことがダンスを離れた理由だという。ダンスが好きな気持ちは変わらないものの、中学時代はサッカー部に所属し、サッカーに専念していたそうだ(参照:https://mdpr.jp/interview/detail/1807711)。  そんな彼をダンスの道に引き戻したのは、メンバーの中尾だった。2人は小学生の時に通っていたダンススクールの仲間で、中尾が1つ年上ということもあり、堀にとっては長年背中を追いかけている存在。『EXILE LIVE TOUR 2009 “THE MONSTER“』でも共演しており、「翔太くんも同じツアーに出たんですけど、大人に混じって踊っている姿を見て、かっこいいなって思って見ていました」(引用:https://mdpr.jp/interview/detail/1807711)と語っている。そして、堀が中学3年生の時、EXPG STUDIO名古屋校が開校したタイミングで中尾がEXPGに入校すると、それに背中を押されるように堀もEXPGへ。高校生活、アルバイト、ダンスに明け暮れる日々が始まった。努力の結果、「特待生(育成候補生)オーディションに合格してほどなく、『そろそろ教える側にも回ってみては?』という打診があり、小学生以下のクラスを受け持つインストラクターのバイトを始めました」(引用:https://www.arukita.com/column/baito-ga-atte/2940/)と、10代ながらもインストラクターに抜擢されるほどの実力に。その一方で、現メンバーの澤本、瀬口、中尾、木村とはEXPG STUDIO内の“EXILE GENERATIONS”として当時から共に活動しており、2016年、EXILEのパフォーマーである世界と佐藤大樹が新たなパフォーマーグループを立ち上げる際に、5人揃ってFANTASTICSの一員に選ばれた。堀が19歳の時だったという。

【関連記事】