Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

生理や体の悩みに妊活まで 私たちを前向きに支える“フェムテック”

配信

VOGUE GIRL

女性が社会に対して声をあげること、そしてそれが報道される機会が徐々に増えていると感じている人も多いのでは? そんな中、注目を集めているのが“フェムテック”。フェムテックとは何なのか? 私たちの暮らしをどう変えてくれるのか? そんな疑問を解消すべく、生理やカラダに関するプラットフォーム「ランドリーボックス」代表の西本美沙さんが“フェムテック”について詳しくナビゲート!

そもそも“フェムテック”ってどういう意味?

“フェムテック”という言葉は、2012年頃にドイツの月経管理アプリ「Clue」の代表IdaTinが作ったもの。Female(女性)とTechnology(テクノロジー)を掛け合わせた造語。女性のヘルスケアにまつわる課題を解決するためのテクノロジー、それこそが“フェムテック”なのだ。

女性のヘルスケア課題とは、ガール世代にも身近なものでいえば、生理やセクシャルウェルネス、婦人科疾患など。さらに、不妊治療、産後ケア、育児、更年期なども、女性ならではの体の悩み。世代やライフステージによって生じる課題は違うけれど、今までは女性の我慢や人知れない努力で対処してきたことを、テクノロジーの力でもっと快適に、手軽に付き合っていけるものにしようというのが“フェムテック”の目指すところ。

例えばどんなサービスやプロダクトがあるの?

生理にまつわるフェムテックなら、ナプキンをつけずに生理期間を過ごすことができる「吸収型サニタリーショーツ」や、膣内で経血を留めるディスク型の生理用品「月経ディスク」が有名。ほかにも、経血の状況をスマートフォンアプリで把握することができ、身体の状況を数値で捉えられる月経カップなども開発されている。 ナプキン、タンポンに次ぐ「第3の生理用品」として、日本でも徐々に使用者を増やしている月経カップ。その進化版・月経ディスク「FLEX Disc」は、1枚でタンポン3本分の経血を受け止める。繰り返し使う月経カップと異なり、月経ディスクは使い捨て。

総合的な女性の健康相談アプリの「TIA」もユニーク。女性特有のヘルスケアに関する悩みをアプリで相談&データトラッキングできるだけでなく、専門のヘルスケアクリニックも開設。クリニックは病院らしからぬポップなデザインで、訪れる人の心を軽くしてくれる。もちろん、アプリのデータを基に体や心への負担少なくスムーズに診察が受けられる。

【関連記事】