Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

《仙台/遺体損壊・遺棄》母親をかまどで燃やした次男、非情すぎる行為に残る謎

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

《二男です。コロナの影響で、なかなか髪を切れなかったので、かなりスッキリした様です》(原文ママ) 【写真】陽都容疑者の母・村上淑さん生前の笑顔と、遺体が燃やされたかまど、容疑者自宅ほか  7月4日に、愛息の髪をカットしてあげたことを自らのフェイスブックに投稿していた村上淑(しゅく)さん(55)。およそ2週間後、そのヘスタイルは全国の注目の的となる……。

損傷が激しい遺体を自宅にも持ち帰った

 宮城県警仙台南署は、16日の夜から翌未明にかけて、母親と思われる遺体を名取市まで運んでガソリンをかけて燃やし損壊・遺棄したとして、仙台市内の専門学校生・村上陽都(はると)容疑者(21)を逮捕。  20日の送検時には、頭を覆ったコートからアシッド・ベージュの頭髪とメガネがのぞいていた。陽都容疑者は、 「家に帰ったら、母親が冷たくなって死んでいた。名取市内まで自家用車で運んで燃やした」  と供述している。  実際に自宅から約9キロ離れた自然公園にはキャンプ場があり、バーベキュー用のかまどが3つ。そこから損傷が激しく骨に近い遺体が見つかり、自宅にも持ち帰っていたという。  遺体を燃やしたかまどは小さく、人を燃やすには身体を折り曲げるかバラバラにするしかなさそうだが、どのような方法をとったのだろうか。  容疑者は自宅で母親とふたり暮らし。単身赴任しているという父親の家に長男が同居し、別々の生活をしている状況だった。    地元メディアの記者は、こう説明する。 「容疑者は当初、父親には“母親がいなくなった”と告げていたため、17日の夜に2人で一緒に仙台南署へ相談に行っており、行方不明届を出そうとしていた。ところが、そのときに容疑者が遺棄について自供したようです」  通報や相談をすることなく、わざわざ車で遺体を運び、かまどで燃やしてしまうとは異様だが、容疑者は母親死亡への関与もほのめかしているとも報じられている。  そんな陽都容疑者はどんな人物なのか──。 *【全文公開】編はYahooニュース内、有料記事にてお読みいただけます。

【関連記事】