Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

餅田コシヒカリ「ドラマ『M』は田中“みな実”のMです(笑)」

配信

SmartFLASH

 ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)で演じる「姫野礼香」が話題沸騰中の田中みな実。本誌4月12日号で彼女の「そっくりグラビア」を披露したのが、お笑いコンビ「駆け抜けて軽トラ」の餅田コシヒカリ(26)だ。 【写真あり】餅田コシヒカリ「ドラマ『M』婚姻届のシーンのまね」  餅田は、みな実の新境地をどう見ているのか。『M』のファンだという相方・小野島徹と、ものまねしながら話をしてくれた。           * 餅田コシヒカリ(以下、餅)「最近、田中みな実さんのものまねを始めた身としては、ありがたいですね。当分のあいだ、眼帯をつけるだけで笑いが取れそう」 小野島徹(以下、小)「『M』ってネタの宝庫だもんね。再現コントするなら、どの場面を演じてみたい?」 餅「第3話の『許さな~~~い』ですね。あの声は、どこから出しているんでしょう」 小「心臓が震えるような、低い声だったよね。みな実さんがアナウンサーとして、つちかってきたものなんでしょうね。あんなに声を伸ばせる?」 餅「許さな~~い」 小「う、うん。いちばん微妙なところに着陸したね……。短くも長くもない」 餅「私、こう見えて合唱部だったんで。肺活量あるんですよ」 小「でも、礼香の代名詞になりつつあるよね」 餅「みんな、まねしてますね。『許さな~~~い』って」 小「ちょっとしたものまねネタは、YouTube用に撮ってるので、6月9日にアップします。今後、これを超えてくるシーンはあるのかな。でも、すごいよね。彼女、アナウンサーだったんだよ」 餅「今もアナウンサーですよ(笑)。この間、写真集が大ヒットしたばっかりなのに、話題に事欠かないですよね」 小「そうなのよ。『M』でも、見ていると鎖骨きれいだな、とか思うんですけど。そのセクシーさがあまり見えなくなるくらい、薄気味悪さが際立ってる」 餅「それだけ、キャラとして確立しているんですね」 小「物語の中心になっているのは、礼香だよ。アユがゼロから歌姫になるお話だけど、その結末を僕らは知っている。そのなかで、過去も未来もわからない、眼帯をつけた礼香が暴れまわっているから、視聴者は目が離せないんだよね」 餅「『M』は、みな実のMなんですね(笑)」 (週刊FLASH 2020年6月23・30日号)

【関連記事】