Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【バレー】サフィルヴァ北海道、練習を再開 2019-20 V3シーズン最終戦実施の北ガスアリーナ札幌46で

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バレーボールマガジン

2019-20シーズン、V.LEAGUE DIVISION3 MEN(V3男子)3位のサフィルヴァ北海道は、13日、札幌市中央区の北ガスアリーナ札幌46で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い休止していたチーム練習を開始した。2019-20シーズンに出場した選手の多くが一堂に会し、約1時間半、ボールを使用しての練習をおこなった。 6/13 サフィルヴァ北海道練習再開 フォトギャラリー

V3男子は2月16日が最終戦であり、全日程を消化することが出来た。しかし、その後の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、V.LEAGUEはV1男子ファイナルが無観客開催となり、V2男子の後半2週とチャレンジマッチが中止となった。各チームにおいては、感染防止対策のため練習施設が使用できず、練習の出来ない時期が長期間続いた。 この日体育館に集まったサフィルヴァ北海道の選手たちは、3ヶ月以上体育館での練習が出来なかったのは、バレーボールを始めて以来、今までなかったことだ、と口を揃えていた。体育館での活動のみならず、チームとしての活動自体がほとんど出来なかった。練習に使用している学校周辺の清掃など「密」を避けて出来る活動や、オンラインでのチーム広報活動としてのインスタライブやオンラインサロン(4月開始)はおこなわれていたが、バレーボールをするためにチームが集まるのは久しぶりである。 北ガスアリーナ札幌46は、緊急事態宣言解除を受けて、6月2日より専用利用のみ再開されている(6月15日より一般利用を再開)。体育館全体での収容人数を100名以下とすることが専用利用の条件である。 サフィルヴァ北海道は、利用条件をクリアしたうえで、事前に使用するボールをすべて消毒するなど感染拡大防止のための対策を取りながら、また、怪我防止のため練習の強度に気を配りながら、久しぶりの練習をおこなった。 練習に取り組むどの選手の表情にも、バレーボールができる喜びが溢れ、多くの選手の第一声が「楽しかった」「ほっとした」であった。

【関連記事】