Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「宗教の世界と政治の世界は違う」「課題があれば毎日でも安倍さんと電話する」公明党・山口代表に疑問をぶつけてみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 「国民の皆さんの不安に応え、見通しを与え、そして分かりやすい対応に変えていく。そうした推進力として公明党が力を発揮しなければならない」。 【映像】「安倍総理が辞任したら山口代表も辞める?」公明党“なっちゃん”こと山口那津男代表が緊急出演!  22日、党本部でそう語った公明党の山口那津男代表(68)。東京大学法学部を卒業後、弁護士として活動した後、1990年に衆院選に初当選。そして2001年には参院選に初当選し、現在4期目だ。2009年には公明党代表に就任、2012年に第二次安倍政権が発足して以来、連立与党の代表として政権を支え続けてきた。  『ABEMA Prime』では、時に“なっちゃん”とも呼ばれ、安倍総理にも直談判する山口代表に話を聞いた。

■「課題があれば毎日でも電話をする」

 連立を組む自民党総裁でもある安倍総理とは、月に一度の「政府与党連絡会議」で言葉を交わすほか、「2人で昼食をとり、小一時間懇談している」という山口代表。「課題があれば毎日でも電話をするし、お互いに“もっとこういうふうにしたいと思うが”とか、“あの課題はこうやって決めたから”という連絡は頻繁にしている」と明かす。  「お互いに近づきながら、補い合いながら、期待に応える。まずいところがあれば改める。そういうことを重ねてきた努力の結果だと思う。安倍総理は非常にフランクなところがあるし、同時に非常にリアリストだと感じる。こういう言い方は失礼かもしれないが、飲み込みが早い(笑)。こちらの言いたいことを早く、的確に捉えてくださる。その上で、お考えがいろいろあるだろうから、議論を尽くしながら、となる。例えば、先般の家庭単位に30万円を給付するという案はやめた方がいいというのは“ブレーキ”だ。しかし一律10万円の給付にしたほうが良いというのは“アクセル“だ。この二つを、同じタイミングで進めていく。つまり公明党はアクセルとブレーキの両方の役割として、ちゃんと機能している。そこが自公連立に対する信頼に繋がっているのではないかと思う」。

 では、両党の思想や政策の違いについて、山口代表はどのように考えているのだろうか。作家の乙武洋匡氏が「“もう連立を離脱してやろうかな”と思った瞬間はあるのか」と尋ねると、「覚えていない」とかわした。  「確かに歴史も支持層も違うので、具体的な政策でもぶつかるところはある。一方、民意を幅広く受け止めることができる組み合わせでもある。重要な課題について、全国に基盤がある両党が話し合いを尽くし、合意して実行する。これは信頼関係がなければならないことだが、それも築きながらやっている。やはり政治が混乱すれば、国民が困るし、日本の政治が安定していなければ、世界が困る。そういう信念を、両党のリーダーはしっかり持ってやってきていると思っている。私は野党時代も長く経験しているが、当時はいくら政策を打ち出しても実現させることができないし、地方の議員さんからは、“なぜ国政でこれが実現できないのか”といつも指摘されていた。しかし与党になれば、努力すれば予算も法律も実現させることができるし、国でやったことが地方と連動し、一つの大きな政策を立体的に推進していくことができる。それがうまくいかない時も、現場からの声をもとに作り直し、補っていく。そこが与党の醍醐味だと思う」。

【関連記事】