Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界陸連、札幌のコース計測 11月にも確定―東京五輪マラソン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
時事通信

 来年に延期された東京五輪のマラソンコース計測が10日未明、札幌市内で行われた。交通量が少ない時間帯を選び、世界陸連や日本陸連の関係者4人が自転車に乗って、実際の距離を約4時間かけて計測。終了後、取材に応じた組織委員会大会運営局の森泰夫次長は、11月下旬にもコースが確定する見通しを明らかにした。  森次長は「コース計測が固まれば給水ポイントなどが確定してくる。一つ大きな前進だ」と強調。今後は来春実施するテストイベントの開催方法などを検討する方針だ。11日は競歩のコース計測を行う。  マラソンコースは市中心部の大通公園を発着点にまず20キロを1周後、その北側半分に当たる小さいループの10キロを2周する変則的な3周コースとなっている。 

【関連記事】