Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ベビーシッターを安心して利用するために。聞いておきたい3つの質問

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、にわかに注目が集まったキッズシッター、ベビーシッターサービス。 子どもが発達障害かも…。後悔する母に看護師がかけてくれた一言 ベビーシッターの派遣には、シッターを会社が直接雇用して派遣する直接雇用型と、利用者と登録シッターがオンライン上で直接やりとりするマッチング型があります。最近では気軽に利用できるマッチング型も増えていますが、マッチングサービスを利用した人が事件に巻き込まれたニュースもあり、不安に思っている方もいるのでは。 そこで今回は、安心してシッターサービスを受けるコツについて、直接雇用型でベビーシッターサービスを行っている「ベアーズ」取締役副社長の高橋ゆきさんに教えていただきました。

ベビーシッター派遣会社を選ぶ際の3つの心得

シッター派遣会社を通じてサービスを受ける際に、最初に考えるのは「どの会社に頼むか」という問題。 大切な子どもを守るうえで、もっともプライオリティが高いのは安心安全であること。 いざというときに焦らずすぐ頼めるように、あらかじめ情報収集して信頼できる会社を見つけ、カルテをつくっておくことをおくことをおすすめします。 実際にベビーシッターを頼むまでの流れは、会社によっても違いますが、だいたいこのようになります。 ベビーシッター派遣会社に電話/サイトから問い合わせる→事前に打ち合わせをする→契約→スタッフマッチング→希望日にベビーシッターが派遣される まず、初めてベビーシッター派遣会社に問い合わせをする際、聞いておくと安心なことをまとめました。 事前に気になるポイントをメモとしておくこともおすすめです。

●ベビーシッター派遣会社を選ぶとき、必ず確認しておきたい3つのこと (1)「スタッフはどんな風に選んでいるのですか?」 スタッフの採用方法や研修方法について。スタッフ1人1人の資格だけではなく、人間性から今までの経歴、トラブル歴までしっかり把握しているかどうかは、会社を選ぶ段階で大切なポイントです。 会社とスタッフがクラウドだけでつながっているのではなく、定期的に面談や指導、相談できる環境なのか聞くこともおすすめです。 さらに採用の手順や、どのような研修があるのか、資格や経験の基準について聞くことは、信頼にたる企業かどうかの判断材料になります。 (2)「子どもがケガしたときのフローを教えて下さい」 万が一のケガや病気などのトラブルがあった際の対処法や連絡フローについて。きちんとケアをしてくれる会社であるか確認しておきましょう。 たとえば子どもがケガや病気をした場合、 ・どこの病院に行くのか事前に把握しているか。 ・行きつけの病院や子どもの持病について情報がまとめられているか。 ・どの段階で会社や保護者に連絡するのか。 など、あらゆる場合においてルールやフローが確立されているのが理想です。 さらに、災害や大規模な交通障害などでこちらが万一帰宅できない場合の対処法や事例も聞いてみましょう。 ベビーシッター保険・損害保険に加入しているかもチェックポイント。 担当マネージャーなど、直接の責任者の存在や連絡手段も確認しておきたいですね。 (3)「シッターサービスを頼むまでの流れはどうなっていますか?」 満足いくヒアリングや申し送りができる環境であるか。打ち合わせの内容や所要時間、どの段階まで無料で、どこから有料になるのかなど、気になることは早めに聞いておきましょう。 契約前のヒアリングでは、自社のPRの時間よりも、きちんと子どもについて聞き、向き合ってくれる会社がおすすめです。 時間をしっかりとってこちらの希望や子どもの特性などについてヒアリングしてくれるかという点も、ベビーシッター派遣会社を頼む際の判断基準になるでしょう。

【関連記事】