Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

不要な早起きは命を削る!? 早朝は心筋梗塞など病気が起こりやすい“ブラックタイム”

配信

週刊女性PRIME
不要な早起きは命を削る!? 早朝は心筋梗塞など病気が起こりやすい“ブラックタイム”

※写真はイメージ

「早起きがよいとされていますが、実は早朝は、1日のうちでもさまざまな病気が起こりやすい“ブラックタイム”だと知ってほしい」 37年間、臨床医として患者と向き合ってきた経験から、そう力説する石黒源之先生。急性心筋梗塞や脳梗塞など、いわゆる“血が詰まる病気”は、朝の発生率が高いので、特に注意が必要だという。「就寝中は体内の血液から腎臓で尿が生産されるので、血管は脱水ぎみ。早朝は、血がもっともドロドロ状態になっています。そこへ、午前4時ごろから起床に向けた身体の準備がスタート。交感神経が働き始め、血管が収縮し、脈拍数が増加します。結果、収縮した血管に、粘度の高い血が流れ、血栓ができやすくなってしまう。午前5時~8時は、急性心筋梗塞や脳梗塞、狭心症の発生数が多い危険な時間帯といえます」(石黒源之先生、以下同)

本文:1,242文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込55
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊女性PRIMEの有料記事

    PayPay残高使えます