Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

申告敬遠導入から2年間で故意四球は約2倍に 投手起用の流れ、ドラマは無くなった?

配信

Full-Count

2017年にメジャーで導入された「申告敬遠」

 2017年、野球というスポーツにおいて大切な要素の1つに大きな変化が起こった。ピンチの場面など、打者との勝負を避けたいときにあえて四球を与える「敬遠」についてメジャーリーグで審判にその旨を告げるだけで敬遠が成立する「申告敬遠」の制度が施行された。 【動画】自慢の強肩発動! 西武・森友哉が右翼の守備で球場を沸かせた貴重な補殺シーン  この革新的な制度は、翌年海を渡って日本でも導入されることとなった。当初は賛否両論が展開されたが、2年を経て、プレーする選手たち、そして観戦するファンも徐々にこのルールに慣れてきているだろう。  申告敬遠の主な目的は、試合時間の短縮という点にある。投手、捕手間でのボールの受け渡しがなくなることで、試合の展開を速める効果が見込まれた。一方で敬遠の方法が変わっただけにも関わらず、ここ2年の記録を見るとその数にも変化が表れている。  そこで今回はこの「申告敬遠」に注目し、導入以前の2年間(2016年、2017年)と導入後の2年間(2018年、2019年)を比較し、チームごと、選手ごとに敬遠数の変化を見ていきたい。なお、今回は敬遠数としてNPBの記録にある「故意四球」の数を参照する。

パ・リーグ全体では「申告敬遠」導入後に故意四球数が約2倍に増加

 まずはパ・リーグ全体の数字の変化を見ていく。2016年、2017年は61個、47個と1チーム平均で8~10個といった数字となっている。これに対して、申告敬遠導入後の2年間は129個、107個、チーム平均で18~20個とほぼ倍を記録。新ルール導入により、リーグ全体で故意四球の数が増加した。  続いてはチームごとの数字を比較。申告敬遠の導入を境とした2017年、2018年の間では西武を除く5球団が倍以上の増加となった。どのチームもルールの変更によって敬遠の数が大きく変化している。  このうちロッテと楽天は、2018年から新監督が就任(楽天はシーズン途中で交代)したことが影響している可能性もあるが、ソフトバンク、そして日本ハムはこの期間に工藤公康監督、栗山英樹監督が続けて采配をとっており、オリックスの福良淳一前監督もルール変更時に継続して監督を務めた。この3チームの増加は申告敬遠と無関係ではなさそうだ。  2019年は、リーグ連覇を達成した埼玉西武も敬遠数が増加し、6球団での合計は2年連続で100個を超えた。今季はシーズン延期によって143試合行うことは難しくなったが、この傾向はどのように変化するだろうか。

【関連記事】