Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フェデラー、ナダルら名選手活躍 ハンブルグ大会を特集<男子テニス>

配信

tennis365.net

ATP

男子プロテニス協会のATPは13日に公式サイトで、同日から開催予定だったハンブルグ・ヨーロピアン・オープン(ドイツ/ハンブルグ、 レッドクレー、ATP500)を特集した。 【フェデラー、ユニクロへ感謝】 男女テニスツアーは新型コロナウイルスの影響で同大会を含み7月31日まで中止に。8月14日のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)から再開予定とされている。 1.名選手たちによるハンブルグの歴史。 同大会の優勝者には多くの名選手たちが名を連ねており、元世界ランク1位の大会制覇者は7人いる。 過去にはJ・ニューコム(オーストラリア)やI・レンドル(アメリカ)、S・エドバーグ(スウェーデン)、M・リオス(チリ)、G・クエルテン(ブラジル)、R・フェデラー(スイス)、R・ナダル(スペイン)がトロフィーを掲げた。 2.フェデラーの4度の優勝。 同大会は2000年から2008年までATPマスターズ1000として開催されており、フェデラーは2002年に初優勝。さらに2004年と2005年に連覇を果たすと、2007年にもタイトルを獲得した。 3.ナダルの成功。 ナダルは2003年に当時16歳で同大会に初出場し、3回戦進出を果たす。2007年に初めて決勝へ進出するもフェデラーに敗れ準優勝となった。 その後2008年には自身を含むビッグ4と呼ばれたフェデラー、N・ジョコビッチ(セルビア)、A・マレー(イギリス)を撃破し初タイトルを獲得。さらに2015年には2度目の優勝を飾った。 4.新たなスタジアム。 同大会のセンターコートである「ロセンバウム・テニススタジアム」は18カ月間かけて改装され、開閉式の屋根や新たな観客席などが加えられた。 メインコートの観客席は、新調された一方で最大収容人数は13,200人から10,000人へ減少。その代わりに選手のラウンジ、会見場所や入口が改善された。

【関連記事】