Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

葉っぱの“お化粧”で昆虫にアピール?小豆島で「ハンゲショウ」が見頃 香川

配信

KSB瀬戸内海放送

 小豆島で「ハンゲショウ」が見頃を迎えています。

 香川県小豆島町二面の標高100メートルほどの場所に「ハンゲショウ」の群生地が広がっています。

 「ハンゲショウ」はドクダミ科の多年生の植物で、6月下旬から7月下旬に花をつけます。  普段は緑色の葉っぱも、花が咲くころは半分が白く変化します。葉を白くすることで花粉を運ぶ昆虫にアピールしているとも言われています。  その姿が、半分お化粧をしているように見えることから「半化粧」という名がついたという説もあります。

 ハンゲショウの群生地は全国的に減っていて、香川県は小豆島町と丸亀市の2ヶ所だけが残っています。

【関連記事】