Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<鈴木保奈美>「35歳の少女」で“鉄の母”に 柴咲コウと親子役で初共演 初の遊川作品は「自分を鍛え直す場」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 女優の鈴木保奈美さんが、柴咲コウさん主演で10月10日スタートの連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演することが9月10日、分かった。主人公・今村望美(柴咲さん)の母・時岡多恵役で、プロデューサーの大平太さんは「たった一人で戦っているうちに、笑顔も、人に頼る心もなくした鉄のような女性」だと役柄を説明している。 【写真特集】“リカ”鈴木保奈美、“カンチ”織田裕二にバックハグ! 何度見てもキュン 約20年前の本家「東ラブ」

 「35歳の少女」は遊川和彦さんによるオリジナル作品で、「家政婦のミタ」「同期のサクラ」制作チームの最新作。1995年に不慮の事故により10歳で長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”望美の成長を描く。鈴木さんは本作で柴咲さんと初共演。遊川さんの作品にも初出演となる。

 鈴木さん扮(ふん)する多恵は、望美の事故後、夫の進次(田中哲司さん)と離婚し、2人の娘を女手一つで育ててきた。25年間、望美の介護を続ける一方で、保険の外交員として働きづめの日々を送りながら、「いつか、娘が目覚める」ことだけを信じて生きてきたが、その夢がかなったとき、彼女の時計は別の方向に動き始める……という役どころとなっている。

 ◇鈴木保奈美さんのコメント

 大好きなドラマがいくつもある、遊川作品。お話をいただいたときは本当にうれしかったのです。が、見ると演(や)るとは大違い。大変です。自分を鍛え直す場を与えられたことに感謝して、まっさらな気持ちで挑みます。

 柴咲さんと共演させていただくのは初めてです。望美ちゃんは、こりゃまた大変な難役です。けれど疑いようもなく、柴咲さんは見事に演じ切られることでしょう。彼女のその過程を一番近くで見ることができるなんて、なんという幸せ。バラバラになってしまった家族がどう向き合い、どう再生していくのか。フィナーレを迎える頃、役の上でも、キャスト、スタッフの皆さんとも、戦友のようになっていられたらいいな、と思います。

 ◇大平太プロデューサーのコメント

【関連記事】