Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小野寺力による『NO KICK NO LIFE』4年ぶり復活、石井一成と森井洋介が参戦決定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
イーファイト

 元新日本キックボクシング協会フェザー級王者で、『KNOCK OUT』のプロデューサーでもあった小野寺力氏が、キックボクシングイベント『NO KICK NO LIFE』を復活させる。 【フォト】青山ひかるなど有名グラビアアイドルも多数出演してきた”旧KNOCK OUT”  10月29日(木)に都内某所で『NO KICK NO LIFE~新章~』と題して開催する。  参戦選手として、KNOCK OUTフライ級王座を獲得した石井一成(ウォーワンチャイ・プロモーション)と、同ライト級王者であった森井洋介(野良犬道場)が決定している。 『NO KICK NO LIFE』は、小野寺氏主宰のジム『RIKIX』の10周年興行として14年に大田区総合体育館で開催。05年の小野寺氏引退興行の際にも、このフレーズが使われたタイトルの大会が開催されている。  以後自主興行として開催されていたが16年、ブシロードグループの新会社・キックスロードとの提携により新イベント『KNOCK OUT』に移行した。  昨年4月、小野寺氏は『KNOCK OUT』プロデューサーを退任。それから1年半ぶりとなる大会の開催、『NO KICK NO LIFE』としては4年ぶりとなる。  小野寺氏は『KNOCK OUT』を”キックボクシングの上位概念を作る”というテーマで旗揚げ。梅野源治、江幡塁、小笠原瑛作といった各団体のトップファイターたちを集結させ、18年には那須川天心vsスアキム・PKセンチャイムエタイジムのヒジあり勝負も行われた。  また青山ひかるや小田飛鳥、橘花凛などのグラビアアイドルたちも、ラウンドガールとして『NO KICK NO LIFE』から『KNOCK OUT』にかけて多く出演し、話題を呼んだ。  今回の小野寺氏による新たな挑戦は、どう展開していくのか。  リリースによると、詳細は後日記者会見で発表されるとのこと。また今大会の試合は、配信プラットフォーム『ダイヤモンドフェス』にて配信予定だ。

【関連記事】