Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

GKカシージャスが現役引退…歴代最多のCL出場、スペイン代表出場数2位

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゲキサカ

 元スペイン代表のGKイケル・カシージャス(ポルト)が4日、現役引退を発表した。昨年4月に心臓発作を起こして以降は公式戦の出場がなく、今年2月にはスペインサッカー連盟会長戦への出馬を一時表明するなど、すでに競技生活の第一線からは退いていた。  レアル・マドリーのアカデミーで育ったカシージャスは1999年夏にトップチームに昇格。18歳で名門クラブの正GKの座に就くと、そこから16シーズンにわたって所属し、公式戦通算725試合に出場した。その間には3度の欧州CL制覇、5度のリーグ優勝など、数多くのタイトルを獲得した。  2015年夏にはR・マドリーを旅立ってポルトに加入。新天地でも欧州カップ戦の出場記録を大きく伸ばし、欧州CL通算177試合出場は2位のFWクリスティアーノ・ロナウド(169試合)を引き離して歴代1位の記録となっている。  またスペイン代表ではワールドカップに4度出場し、2010年の初優勝に大きく貢献。08年、12年には欧州選手権連覇に導いた。スペイン代表としての167試合出場はDFセルヒオ・ラモス(170試合)に続いて2位の記録となっている。

【関連記事】