Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レッドブルF1、アルボンのレースエンジニアを変更。リカルド支えたベテラン起用

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
motorsport.com 日本版

 レッドブルは、F1第4戦イギリスGPを前にテクニカルチームの再編を行ない、経験豊富なレースエンジニアであるサイモン・レニーが新たにアレクサンダー・アルボンを担当することになった。 【動画】2020年F1第3戦ハンガリーGP決勝ハイライト  レニーは、2013年にマーク・ウェーバーを担当した後、2014年から2018年までダニエル・リカルドを担当。彼とともに7勝を挙げている。  その後、レニーはファクトリーでの勤務を希望。この決断が、リカルドが2018年限りでレッドブルを離れ、ルノーに移籍することを決めた一因となったほどだ。  アルボンは2020年のマシン『RB16』のトリッキーな挙動に苦しめられており、レッドブルはレニーを現場での作業に戻し、アルボンを支援することを決めた。  これまでアルボンのレースエンジニアを務めていたマイク・ラグは、レッドブルには残るものの今後はファクトリーでの勤務となるようだ。  レッドブルはRB16がなぜ期待通りのパフォーマンスを発揮できていないのか、その理由を明らかにしようと取り組んでおり、空力の性能に何らかの異常が生じているのではないかと見ている。  アルボンは、チームは問題を乗り越えることができると信じており、イギリスGPに向けて明るい見通しを持っている。 「言うまでもなく、チームとしてシーズンのスタートは理想的ではなかったけど、リタイアを除けば良いポイントを獲得することができた」 「クルマは改善する一方だと思うのでポジティブだ。僕たちが取り組む必要がある分野は分かっており、シルバーストーンはファクトリーに近いホームレースだ」 「うまくいけば、そこで良い結果が得られると思う。歴史的には、チームにとっては良いトラックだし、僕がドライブを本当に楽しんでいるトラックだ」

Jonathan Noble

【関連記事】