Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

不動産業者に不動産を売却することのメリットとデメリットって?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

不動産を売却しようと考えるとき、不動産会社を通して買主を見つける「仲介」が一般的な手法ではありますが、「買取り」すなわち、不動産会社にその不動産を買い取ってもらうという方法もあります。 どのような場合に「買取り」が適しているのか、不動産業者に売却することのメリット・デメリットについて考えます。

仲介で売却すると時間がかかる

不動産業者の「仲介」で不動産を売却する際、不動産業者に査定を依頼すると依頼を受けた業者は査定書を作成し売主に提示します。この査定書は「このくらいの金額で売却できると思います」という金額ですが、この金額で確実に売却できるわけではありません。 仲介業者は売主と媒介契約を結んだ後、買主候補を探し、見つかった買主候補と金額や引渡時期などを含めさまざまな条件を詰め、合意できれば売買契約を結ぶことになります。売買契約を締結できるまでの期間は標準的に考えても3ヶ月程度。早くても1ヶ月、長くかかる場合には数ヶ月以上かかることもあります。 しかし、売主の事情によっては「早く現金化したい」とお考えになる方も少なくありません。その事情はさまざまですが、なにかしらの「急がなければならない事情」「資金需要」がある場合がほとんどです。よくあるケースとしては、「相続」「離婚」「買替え」に伴うものなどがあります。住宅ローンの支払いが困難になり、やむなく手放すという場合もあるでしょう。

相続

相続が発生し、複数の相続人で遺産を分割する場合、不動産では分割しにくいため、売却したうえで現金で分割(換価分割)するケースがあります。あるいは、相続税の支払原資を確保するために売却して現金化する場合もあります。 不動産を多く所有する「地主業」を営んでいるような方の場合、生前から税理士等と相談し、相続対策として、相続人が相続税を支払うための原資「納税資金」を確保するための対策を採られている場合が多いでしょう。 しかし一般の方の場合、相続が発生し、相続税の試算をして初めて「そんなに払わなければならないのか」と気付く場合も少なくありません。都内などの都市部に一戸建てを持っているような場合、相続税を軽減する特例などが使えないと、多くは相続税の課税対象になります。 相続税の申告・納付は相続発生を相続人が知ったときから10ヶ月。長いように感じるかもしれませんが、相続人の人数や遺産分割協議などを行っているとあっという間に過ぎてしまう期間です。分割方法が決まるまでに時間がかかると、申告・納税の期限までに猶予がない場合も出てきます。

【関連記事】