Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で披露宴延期が続々、「ご祝儀いつ渡すか問題」が浮上

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

「この年になれば経済状況もさまざま。難しいと思いました」と語る板倉さんには、キャリアウーマン、専業主婦、フリーター、専門職など、様々な属性の友人がいるという。個人的に渡すことも検討したが、友人間で差がついてしまうようなことは、のちのち火種になりかねないと思い、控えることにした。

 板倉さん自身は、コロナ禍での結婚披露宴にどのようなイメージを持っているのだろうか。

「私は対策さえ取られていれば問題ないと思います。友人が式を挙げるといえば、喜んでお祝いしたいです」──これは共通の友人たちも同じ気持ちとのこと。「でも実際は、“自粛”とか“感染拡大”とかで厳しいんでしょうね。自分が挙げる側だったら、こんな呑気なことを言えませんね……」

 実際、コロナ禍のご祝儀は、どのような対応をするのがベストなのだろうか。事情が事情なだけに、対応を誤ってしまうと大きな痛手を負うことになる。新型コロナウイルスがきっかけで発生した「ご祝儀いつ渡すか問題」は、まだまだ長引きそうだ。

【関連記事】