Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

蛭子能収さんも…見逃されがちな「認知症」初期症状、チェックすべき6つの“予兆”

配信

週刊女性PRIME

「認知症の予兆、初期症状は本人も気づかないことが多い」と指摘するのは脳内科医で『加藤プラチナクリニック』の加藤俊徳院長。 【イラスト】寝だめはNG! 認知症予防に効果的な睡眠方法 「MRIなどで検査をして画像に異変が出てきた段階は症状が肉眼的にも検出できる進行した中期のステージです。初期は画像検査で発見しにくいため見逃されています。周囲や家族がおかしいと気づく多くは中期の入り口と考えていいでしょう」  認知症は主に4つに分類され、最も患者が多いのが『アルツハイマー型』。記憶や出来事を司る海馬という脳の器官周辺から病変するため、忘れやすくなるのが特徴。  妄想や幻視といった精神症状の『レビー小体型』の初期はうつ病などと似た症状のため発症がわかりにくい。  漫画家でタレントの蛭子能収さん(72)は、この2つの症状が合併した軽度の認知症であることを公表している。  ほかにも、『脳血管性』は動脈硬化が進み、脳梗塞や脳出血が原因で発症する。『前頭側頭型』は急に言葉が出てこなくなるなどの症状があるが、もともと無口な人の場合、気づかれにくいことが。  では、初期症状の段階で気づくことはできないのだろうか。加藤院長は「長年の分析の結果、6つの予兆が見えてきました」と説明する。

6つの予兆。心当たりはありませんか?

●同じ話を繰り返す  話した直後にその話題を忘れたり、忘れていることに気がつかない。会話中に何度も同じ話を繰り返したり、余計な言動が増える。ただし、家族でも日ごろから深い話をしない限り、いつからこんなに食い違うのか、かみ合わないのか気づきにくい。 ●時間が気にならなくなる  時間の感覚が徐々に消えてきて待ち合わせに遅れるようになったり、約束そのものを忘れたり。徐々にその頻度が多くなる。 ●少し前の記憶がなくなる  誰しも忘れることはあるのだが、買い物先で、何を買いに来たのか、時間とともに忘れたりすることがある。

●日常的にやっていたことをやめてしまう  例えば仏壇の管理を急にやらなくなる、毎週欠かさずに見ていた大好きな時代劇を見なくなるなどがあげられる。「これまで楽しんでしていたことが徐々にできなくなっていくんです」 ●新しいことができない  そのため、同じことを繰り返しがちにもなる。 「発症すると目の前にある、今の状態で理解できるものにしか注目できなくなります。  時代劇ばかり見るのは新しいドラマの内容を理解できないため。カラオケで懐メロばかり歌うのは新しい曲が覚えられないからなんです」  ただし、昔の番組でも“昼間の再放送を録画して見よう”と計画して行動すれば、それは新しいことの挑戦になり、予防にもなるという。 ●気持ちが抑えられなくなる  急に怒ったり、理解力が低下するため、わからないことでパニックになって腹が立ったり、感情が抑えられなくなったりする。

【関連記事】