Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

より安全で安心な医療を効率よく個別化した形で提供できる【AIが築くクスリの未来】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 今、時代は「Society5.0」という新時代に突入しようとしています。 「Society5.0」とは、情報通信技術(ICT)や人工知能(AI)が高度に発展し、あらゆる産業や社会生活において技術革新をもたらし、社会的課題を個別化して解決できる新しい社会の在り方を指した言葉です。 「そんなものはSFや空想の世界のお話で、現実的じゃない」「どうせ遠い未来の話でしょ」などと思っている方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。われわれの身の回りに、すでにAIやIoTといった情報通信技術は浸透しつつあり、また今後も急速に進化していくのは間違いありません。  このようなICTが浸透し、定着するための変革を「デジタルトランスフォーメーション(DX)」と呼びますが、こうした言葉は、もはや“知らなければ恥ずかしい”レベルの新常識となりつつあります。  AIを用いた革新的技術は、「AIを使っています」とわざわざうたっていないものも多く、知らないところですでに社会実装されているのです。  たとえばパン屋さんでは、トレーにのせた何種類ものパンを自動で認識して、金額を提示してくれるレジ(ベーカリースキャン)がすでに全国の数百店舗で導入されています。これには画像認識AIが使われています。ほかにも、AIによる自動運転機能が搭載されたテスラ社のクルマが走っている姿を目にする機会もあると思います。  このように、AIやICTが築く新しい社会はすぐそこまで来ていて、すでに新時代に片足を突っ込んでいる状況ともいえるのです。これはあらゆる産業において同様で、薬の業界でも近い将来AIが浸透し、より安全で安心な医療を、より効率よく個別化した形で提供できる時代がやってくると確信しています。  次回から、AIが築く薬の今と未来について紹介していきます。

【関連記事】