Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ロッテ】福田秀平、右肩甲骨の亀裂骨折…16日巨人戦で死球、全治不明

配信

スポーツ報知

 ロッテは20日、ソフトバンク戦を欠場した福田秀平外野手(31)が福岡市内の病院で「右肩甲骨の亀裂骨折」と診断されたと発表した。16日の練習試合・巨人戦(東京D)で右肩甲骨に死球を受けていた。19日の開幕戦には「1番・中堅」でスタメン出場していたが、この日の試合前練習には姿を見せず、井口監督は試合前に「秀平はあまり思わしくないので、それも含めて(起用を)考えていきたい」と話していた。全治は不明だが、今後は2軍でリハビリを行う。  昨オフにソフトバンクから国内FA権を行使し入団。古巣では定位置をつかめなかったが、高い機動力と打撃センスから外野の一角を期待されていた。オープン戦では3割7分5厘と12球団中2位の打率で貢献。ベンチでも一番声を出し、明るいキャラからムードメーカー的な存在で首脳陣からの信頼も厚い。15年ぶりのリーグ優勝を目指すチームにとって痛恨の離脱となった。

報知新聞社

【関連記事】