Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いかに対立を乗り越え、協力関係を築くのか?――『国際関係から学ぶゲーム理論』の著者が語る(レビュー)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Book Bang

 この度、『国際関係から学ぶゲーム理論』を出版した。本書は、国際紛争や国際協力の題材を用いてゲーム理論を学ぶための入門書である。すでに多くのゲーム理論の教科書が出版されているが、主に経済・経営学部の学生を対象に書かれていて、政治学を始め他の社会科学の分野の読者には馴染みのない用語や数式が多く、学習の妨げになっていることが少なくない。  ゲーム理論の「ものの見方と考え方」を学ぶことは、政治学、政策学、社会学や社会心理学などを専攻する学生にとっても有益であると思う。また、ゲーム理論の知識を身に着けることは、国際協力の実務に携わる方々にとっても、論理的議論が要求される国際交渉の現場で有効な道具の1つになると思う。  この場を借りて、本書の自己紹介とともに出版の経緯や最近の講義の経験、国際協力について個人的な考えを述べさせていただく。

出版の経緯

 昨年3月に大学を定年退職した後、4月から成城大学社会イノベーション学部で「国際協力・開発イノベーション論」の講義を1年間担当したことが本書を執筆する経緯となった。科目名にある「イノベーション」は、変化や新しいアイディアの導入を意味する広い概念である。国際協力・開発を可能にするためには、人々の意識(インセンティブ)を変え、制度変化をもたらす社会イノベーションが必要である。ゲーム理論から見た国際協力の成功の鍵は、プレイヤーのインセンティブとゲームのルールをどのように変えて国際協力を可能にするかである。  このような考えに基づいて、ゲーム理論の学習を基礎に国際協力・開発の問題を考える講義シラバスを作った。学生の多くはこれまでゲーム理論を勉強したことがない(たぶん名前も聞いたことがない人が多い)と思われたが、昨年は予想以上の約300名の学生が受講した。  本書は入門書であるが、内容のレベルを下げずに、情報不完備ゲーム、繰り返しゲーム、進化ゲーム、提携形成ゲームなどゲーム理論の重要な項目をカバーしている。国際関係への応用テーマとして、不確実性下の領土交渉、平和のシグナル、戦略的補完性、歴史経路依存性、地球環境問題、多国間協力におけるネットワークとマッチング、自由貿易交渉、国際協力制度の形成、信頼の文化的継承などを説明している。

【関連記事】