Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バルセロナ戦、途中出場から輝いた久保建英…西メディア「『ツイッター』でエメリに非難轟々だ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GOAL

27日のラ・リーガ第2節、敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦(0-4)で、途中出場から輝きを放ったビジャレアルMF久保建英だが、スペイン国内でウナイ・エメリ監督に対する批判が殺到しているようだ。 久保建英が日本人史上最高額を更新!アジア人選手の市場価値ランキング 前半の内に0-4とされたビジャレアルで、開幕から3試合連続でベンチスタートとなった久保は74分から出場。右サイドハーフとしてピッチに立った日本人MFは、鋭いドリブルや意表を突くパスのほか、自らシュートを放つなど積極的なプレーを見せて、チームの攻撃の起点となった。 限られた出場時間で孤軍奮闘した久保はスペインの『ツイッター』でトレンドトピックとなり、エメリ監督が先発で起用しないことに怒りの声があがる事態となった。するとスペイン『アス』の電子版が、そうした声に反応。バルセロナ戦における久保のプレー動画を「『ツイッター』では、エメリの久保の起用法について非難轟々。カンプ・ノウで彼が見せたショーをご覧あれ」との見出しで紹介し、本文では「日本人は再び控えとなり、終盤から出場した。短い時間ながらも、ビジャレアルの最も明確なチャンスを2回生み出している」と記している。 なおビジャレアルの次戦は30日に行われる本拠地エル・マドリガルでのアラベス戦。ミッドウィークの試合のため、ローテーションで久保が初先発を果たす可能性もありそうだ。

【関連記事】

最終更新:
GOAL