Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レッドブル・ホンダ、空力開発に迷い。 2台リタイアも見せていた実力と光明

配信

webスポルティーバ

大きな自信を持って望んだはずの開幕戦は、悲惨な結果に終わった。  決勝で2台がリタイアし、ノーポイントに終わっただけではない。予選ではメルセデスAMGに0.5秒の大差をつけられ、マシン挙動も明らかにライバルのほうが上だった。 【写真】名カメラマン厳選。美しき世界のF1グリッドガールたち 「マシンバランスは完全に満足できる状態ではなかったし、いくつかのコーナーはいいけど、ダメなコーナーもあって、そのせいでギャップは少し大きくなってしまった。それでも0.5秒というのは、かなり大きな差だ。それについてどう言えばいいか......そのギャップを縮めるべく全力でがんばるしかない」  そう語るマックス・フェルスタッペンのマシンには、これまでとは異なる先端が丸みを帯びた形状のノーズが装着されていた。特徴的な開口部を除けば、全体的なフォルムやウイングステーはメルセデスAMGのそれに似ているとも言える。  アレクサンダー・アルボンは、旧型ノーズを使用して0.4秒遅れ。ただし、このふたつのノーズは速い・遅いではなく、異なるフィロソフィ(哲学)に基づいて設計されたものであり、今後の開発の方向性を見据えたものだという。

「新型は1セットしかなかったから、チームはそれを僕に与えてくれた。まだその新旧の差を理解しようとしているところだけど、そのふたつのウイングは異なるフィロソフィで作られたものなんだ。  それが(タイム差にして)どのくらい違うのかは教えられない。なぜなら、僕は知らないからね。まだそれを学んでいる途上だということだよ」(フェルスタッペン)  その発言が意味するのは、レッドブルの空力開発に迷いが生じているということだ。  今後の新たな方向性を見定めたうえで、この新型ノーズを投入しているとも言える。だが、それはバルセロナ合同テストや3月のメルボルンまでのRB16は、やはり不完全なマシンだったとも言える。  それを象徴するかのように、金曜フリー走行でのRB16の挙動はリアがナーバスで、両ドライバーともにスピンを喫するなど、手を焼いている様子が明らかだった。  金曜から土曜にかけて、夜のデータ解析によるセッティング熟成でいくらかは改善された。とはいえ、予選になってもまだ、フェルスタッペンは高速コーナーセクションでのソフトタイヤのムービング(ゴム表面の剛性感がなく、レスポンスが悪い感触)を訴えていた。そのせいで、0.5秒もの大差をつけられてしまったのだ。

【関連記事】