Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニンジャZX-25Rの純正アクセサリーでSTDもSE仕様に【クイックシフター装着もOK】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

硬めのスポーツシートはオプションとして設定

9月10日に発売された話題のカワサキ ニンジャZX-25R。スタンダードモデルとSEモデルの価格差から、どちらを買おうか財布の中身と相談して悩んでいる人も多いのでは? [関連写真×12枚]ニンジャZX-25Rの純正アクセサリーでSTDもSE仕様に【クイックシフター装着もOK】 そんなライダーに朗報なのが、マシンの発売に合わせてカワサキが用意した豊富な純正アクセサリー群。クイックシフターからホイールリムテープまで、SE専用の装備はすべて後からオプションでスタンダードモデルに装着することが可能だ。 純正アクセサリーはそれ以外にも、よりサーキットを極めたいライダーに硬めのスポーツシートやシングルシートカバー、ツーリング派には専用タンク&シートバッグなど多岐に渡る。 ちなみにクイックシフター単体は約4万円。SEより約9万円安いスタンダードを選んで、後から必要なオプションだけチョイスするという方法もありだ。 〈写真1〉STDにオプション組み込んだ装着例(イメージCG)。ひと味違う高級感を持つように仕上がった。

SE標準装備品(STDはオプション)

〈写真2〉【クイックシフター】SEに標準装備されるものと同じクイックシフターは、STDにもオプションで装着することが可能となっている。●価格:4万810円 〈写真3〉【充電用USBソケット】リヤシート下に設置可能な充電用USBソケット。ツーリングでは何かと重宝する。SEでは標準装備品だ。●価格:7238円 〈写真4〉【フレームスライダー】万が一の場合にマシンへのダメージを低減してくれるフレームスライダーもSE標準装着品と同じものだ。●価格:2万8160円 〈写真5〉【ホイールリムテープ】SEに装備されていたホイールリムテープをSTDにも。足元を引き締めるだけでマシンがグンとスポーティに。●価格:3564円 〈写真6〉【ウインドシールド】SEのものと同じスモークのウインドシールドはオプションでも用意。マシンをより精悍に見せてくれる。●価格:1万6170円

その他の純正アクセサリー

〈写真7〉【ラジエタースクリーン】跳ね石や泥からラジエターコアを守るラジエタースクリーン。冷却性能低下を防いで最高のパフォーマンスを。●価格:5137円 〈写真8〉【タンクパッド】タンクパッドがベルトバックルやファスナータブによるタンクへの傷付きを防止。カーボン調のデザインだ。●価格:5137円 〈写真9〉【スポーツシート】ノーマルより硬いウレタンのスポーツシート(シート高は不変)。トラクションを感じ取りやすくなる。●価格:1万5180円 〈写真10〉【シングルシートカバー】サーキットメインや1人でしか乗らないという人に最適なシングルシートカバー。レーシーさが一気に倍増だ。●価格:9086円 〈写真11〉【ETC2.0車載器】リヤシート下に収まるETC2.0車載器もオプションで用意。インジケーターはメーターパネルにビルトインだ。※写真はニンジャ400 ●価格:3万8500円 〈写真12〉【タンクバッグ&スマートバッグ】積載性能がもっと欲しい場合も心配無用。スタイルを崩さない専用タンクバッグとシートバッグが純正オプションで用意されている。(上)タンクバッグ ●価格:2万4640円 (下)スマートバッグ ●価格:1万6830円(別売りパネル×3色:6270円~)

────────── ※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン編集部

【関連記事】