Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

児嶋 渡部は「僕より全然売れてて叱れなかった」「僕が甘やかした」…涙の11分間

配信

デイリースポーツ

 複数女性との不倫を報じられ、芸能活動自粛を発表したアンジャッシュ渡部建(47)がナビゲーターを務めるJ-WAVE「GOLD RUSH」の12日放送で、相方の児嶋一哉(47)が代役として出演。「迷惑をかけました」と謝罪した。冒頭、11分にわたり、「ほんとに大バカ」「僕が甘やかした」と何度も涙で声を震わせ、鼻水をすすりながら相方を厳しい言葉で叱った。 【写真】売れっ子の証明か…渡部建 人気女子アナに大胆にも「アーン」  児嶋は今回の代打出演について「相方の渡部が不倫しましてね。もうねえ、笑えない、たちが悪い、気分が悪い気持ち悪い不倫しまして」と説明。「えーほんとにバカですね。大馬鹿で。調子にのってたんですね。仕事もプライベートも順風満帆だったし」と叱った。  児嶋は渡部について「僕なんかより全然売れてるってのもあって、立場的にもなかなかアイツを叱るのがしづらくて」と振り返り、「こういう僕の弱い部分があいつを甘やかしたんだな、と」と口にすると、涙。鼻をすする音も流れ、「ダメです、あいつはほんとに大バカやろうです」と叱った。  10年以上前に、渡部に「キレてケンカになった」ことも告白。しかし、「あいつ頭いいんで、理論武装されて、なんか響かなかった」と再び涙。渡部からは2回ほど電話でしゃべって謝られたという。「『心入れ替える』って言ってましたけど、人間そんな簡単に変われると思ってない」とピシャリ。  今回の騒動で、もし、芸能界に復帰できなかった場合にも言及し、「ほかの仕事するとしても、変わってないとダメですよ。人と人との付き合いですから。へんに口先がうまくて頭回るけど、そんな小手先に走らず、心で人と通じ合える人間になってほしいですよ」と約30年を共にした相方にメッセージを送った。

【関連記事】