Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三菱航空機、赤字5千億円超 20年3月期、開発損失響く

配信

共同通信

 国産初のジェット旅客機スペースジェット(旧MRJ)を開発中の三菱航空機(愛知県豊山町)が1日開示した2020年3月期決算は、純損益が5269億円の赤字(前期は23億円の黒字)だった。同社として過去最大の赤字。納期延期が6度続くなど開発が遅れる中、これまでの開発費に伴う損失を計上した。負債が資産を上回る債務超過に陥った。 スペースジェットの開発体制縮小、責任者交代

 1日の官報に決算公告が掲載された。最終赤字と債務超過はともに2年ぶり。  航空需要減少や業績悪化を受け、三菱重工は5月、21年3月期のスペースジェットの開発費を前期比半分以下の約600億円とする方針を表明した。

【関連記事】