Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

軍服や風船爆弾のレプリカなど展示、終戦75周年特別展 愛知・安城市

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 次の世代に戦争の記憶を伝えようと、愛知県安城市の市歴史博物館で、終戦75周年記念特別展「戦争に行くということ」が開かれています。  飛行場で爆撃を受けて死亡した兵士が着ていたボロボロになった軍服をはじめ、実物の10分の1の大きさに再現された「風船爆弾」のレプリカなど、寄贈された遺品や資料など約250点が展示されています。  見学に訪れた小学生の男の子は「戦争をしないように努力していきたいなと思いました」と話していました。  安城市歴史博物館で開催の特別展「戦争に行くということ」は来月13日まで開かれています。

【関連記事】