Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台風10号 国交省と気象庁が合同会見へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

Nippon News Network(NNN)

近年まれにみる勢力で接近・上陸する恐れがある台風10号について、気象庁は、台風が上陸せず九州の西の海上を通った場合でも甚大な被害が予想されるとして、早めの備えをするよう求めています。 気象庁によりますと、台風10号は今後急速に発達し、近年まれにみる特別警報クラスの勢力で週明けにかけて九州に接近・上陸する恐れがあります。 気象庁は、もし仮に台風が上陸せず、九州の西の海上を進んだ場合でも、暴風域が非常に大きいため、九州を中心に暴風や高潮などの甚大な被害が出る恐れがあると説明しました。 また、台風の進路にあたる南大東島や奄美群島などでは、週末、最大瞬間風速80メートルという極めて危険な暴風が吹き荒れる見通しです。 国土交通省と気象庁は、3日午後5時から合同で記者会見を開くと発表しました。暴風や高潮だけでなく、記録的な大雨による川の氾濫や土砂災害などについても厳重な警戒を呼びかけ、台風接近前の今のうちに、ハザードマップや避難先を確認するよう求める方針です。

【関連記事】