Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オリラジ藤森、人気高級車・ベンツ ゲレンデヴァーゲンを購入 YouTubeで納車の様子を公開し「初恋みたいな気持ち」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が9月9日、自身の公式YouTubeチャンネルで、メルセデス・ベンツGクラス(ゲレンデヴァーゲン)の新車を納車する動画を公開した。 【写真】藤森慎吾がついに購入したベンツ「ゲレンデヴァーゲン」  「こんにちは、メルセデス。」と題して公開された動画で藤森は、長らく乗り回していた愛車・ポルシェから、メルセデス・ベンツの新型Gクラス「G350d」 、通称「ゲレンデヴァーゲン」に乗り換えることを明かした。  G350dは、メルセデスの中で屈指の人気を誇る最新車種。藤森によると、あまりの人気ぶりに現在注文を中止しているような状態らしく、同車を購入するのに「1年待った」とのこと。販売店へ向かう道すがら、「ドキドキしちゃってます。初恋みたいな、そんな気持ち。また新しい恋人に出会えるという感覚です」と興奮を隠しきれない。販売店へ到着し、 “1年越しの恋人”と対面を果たすと、藤森は「めちゃめちゃカッコいい!」と連呼。「夢のゲレンデオーナーになることができました。ありがとうございます!」「君に会うためにどれだけ待ったか」と喜びを爆発させた。  なお、あまり公言されてはいないが、藤森はかなりのカーマニアなようで、シートベルトを締めた際、「ベンツのすごいところは勝手にキュッと締めてくれる。ベンツには今まで乗ったことないけど、車好きだからこういう細かいところも知っているんですよ」と説明。  さらに、「これびっくりするよ?」と言って、藤森が紹介したのは、車内をブルー、イエロー、ピンクなど様々な光で彩るライト設定機能「アンビエントライト」。「はっきり言って『いる?』っていう機能なんだけど、今までこんなチャラパーツはなかったのよ。ちょっとしたクラブ気分が味わえちゃう」と言い、「最終的にはミラーボール付けようかなと思っています(笑)」とおどけていた。  「車購入動画」は、YouTuberにとっての定番人気企画。たとえば、6人組YouTuberグループ・東海オンエアのりょうはスタイリッシュな英国産高級車「アストンマーティンDB11Volante」、水溜りボンドのトミーが機能性を重視してトヨタの「アルファード”エグゼクティブラウンジS”」、金持ちYouTuberのヒカルは2500万円相当の黒光りするスポーツカー「マセラティ グラントゥーリズモ」の購入・納車の瞬間を動画にしている。  車種によってそれぞれの人柄・嗜好が透けて見え、そのYouTuberにとって憧れの車を手にした等身大の感動と興奮を追体験できるのがその魅力。また、多くのYouTuberにとって愛車は買うところを披露して終わりではなく、動画の企画に度々用いられるパートナーのような存在になるケースが多いので、藤森が今後、自身のチャンネルでどのように「G350d」を活用していくのかにも注目していきたい。

こじへい

【関連記事】