Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ガチで作ったろか】シェフのポテサラ選手権!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

<あのシェフ達がポテサラを作ったらどうなる?> 独自の料理観と酒場感覚に溢れた5名による、熱いバトル&レシピに括目せよ! 本記事では、酒場グルメとして欠かせない、不動のエース「ポテトサラダ」を紹介。世間では漬物入り、チーズ入りなんてアレンジメニューも多々あるが、まだまだ甘い! ポテサラ感はキープしつつも、新感覚の味わいを打ち出した至福のレシピが拮抗した。

●こだわり熟成キタアカリのinsalata di patate【erba da nakahigashi】 トスカーナ料理「insalata di patata」に具材をプラスし、さらに温かい半熟卵を食べる直前に自分で和えるという温サラダ。「以前、ポテトサラダを作る際にマヨネーズを作るのが面倒だったことから生まれたレシピです。個々の素材の味が引き立つのでこの方が良いなと。ただ、コクのあるジャガイモじゃないと成立しない味わいですね」。口内調理で仕上げるというひねりも秀逸!

【材料(1人分)】 卵…1個 ジャガイモ(キタアカリ)…2個 A 新紫玉ねぎ…5g ケッパー…4g イタリアンパセリ…ひと摘み 赤ワインビネガー…3ml EXVオリーブオイル…10ml 空豆…5個 キュウリ…12g コッパ(サラミの一種)…5g 塩…適宜

【作り方】 1 卵は62℃の湯で1時間加熱する。 2 ジャガイモを弱火で約40分塩茹で(塩分2.5%の塩水)し、皮をむいて一口大にほぐすように割り切る。 3 2をボウルに入れ、みじん切りにしたAと赤ワインビネガー、EXVオリーブオイルを和える。 4 塩茹でして皮をむいた空豆、砕いたキュウリ、千切りにしたコッパを3と軽く混ぜて器に盛る。 5 温かい1を添えて、食べる直前に和える。

・Point 食べる直前まで62℃に温めた半熟卵を和えることで、ポテトサラダの温度が40℃位まで上がり、食材の味わいや香りを引き立てる。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ