Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

入善高女子生徒が感染 大阪・石川訪問、県内で確認5月18日以来

配信

北日本新聞

 富山県は2日、入善高校(入善町入膳)に通う10代の女子生徒が新型コロナウイルスに感染したと発表した。女子生徒は同町在住で、6月下旬に大阪府と石川県をいずれも車で訪れていた。県内で新たな感染者が確認されたのは5月18日以来で、感染者は累計で228人となった。入善町民、高校生の感染はそれぞれ初めて。  女子生徒は、都道府県境をまたぐ移動が全面解除された翌日の6月20日、家族1人と一緒に大阪府を日帰りで訪れた。24日に37.5度の発熱と嗅覚異常があり、同日と25日は学校を欠席。症状がなくなった26日からは登校した。28日には友人1人と石川県を日帰りで訪問した。  30日に再び嗅覚異常を感じ、帰国者・接触者相談センターに相談。新型コロナの可能性があるとされ、PCR検査の結果、7月2日に陽性と分かった。現在も嗅覚異常が続いているほか、倦怠(けんたい)感もあり、感染症指定医療機関に入院している。

 現時点での濃厚接触者は同居の家族5人と、一緒に石川県に行った友人1人で、このうち家族1人が発熱しているという。  県はこのほか、生徒と接触した可能性がある同校の教員や同級生ら約50人について、同意を得た上で検査する。同校を5日まで臨時休校とし、部活動も取りやめる。6日以降の対応は、校内での感染状況などを踏まえて検討する。  県内では3月30日に感染者が初めて確認され、5月19日から7月1日まで新規感染者が確認されていなかった。これまでに22人が亡くなっている。

【関連記事】