Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

個人型確定拠出年金(iDeCo)で初めての運用。おさえておきたいポイント(2)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

個人型確定拠出年金(iDeCo)では、運用を自分で行います。“運用”といっても、株式や債券を直接に売買するというものではありません。iDeCoでの運用は、自ら選んだ運営管理機関が用意している運用商品(主に投資信託)へ、拠出額を投入する形で行います。 制度の仕組上、元本毀損のリスクをとりたくない人向けに、定期預金等の元本確保型の商品へ拠出することもできますが、現状の金利水準では、それでは、月々の手数料すらまかなえません。 iDeCoで、運用により、拠出した元本を増やすことを企図する人は、投資信託を選ぶことが必要となります。投資信託は、どこの運営管理機関でも同じものを扱っているというものではなく、数も種類もさまざまです。 今回は、運営管理機関の選び方について「個人型確定拠出年金(iDeCo)での運用について(1)」に続いて説明します。

【運用商品から選ぶ運営管理機関】運用商品のリターンとコストに着目

運用商品の数や用意されているカテゴリーから、将来も含めて投資したい商品がそろっていると考えられる運営管理機関をいくつか選定できたとしましょう。 続いて、数やカテゴリーだけでなく、もう一歩踏み込んで運用商品を比較してみましょう。注目するポイントは、(1)リターン(期待される収益)と(2)信託報酬です。(1)は投資で得られる収益、(2)はその投資にかかる費用(コスト)となります。 一般に、高いリターンを得ようとすれば、それなりのリスクを覚悟する必要があります。逆に、リスクを抑えるとあまり大きなリターンは期待できません。 また、運用手法が高度になればなるほど、コストも高くなります。手間のかかる運用手法をとるアクティブ運用の信託報酬はより高くなりますし、単純な運用手法であるパッシブ運用はアクティブ運用に比較してコストは低くなります。 ここでいう、リスクとは正確には変動幅の大きさですが、大まかには、「個人型確定拠出年金(iDeCo)での運用について(1)」で説明したカテゴリーで考えるとわかりやすいと思います。 投資対象の商品の種類としては、株式でも債券でもないもの(リート)やさまざまな商品を組み合わせたもの(バランス型)がありますが、それらは中間程度のリスクとして捉えてみるとよいと思います。

【関連記事】