Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【試乗】ボルボXC60に追加された48Vハイブリッドは「賢く」「お得」な選択! 乗り味はもはや自宅の移動リビング

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

XC60のラインアップに48Vマイルドハイブリッドを追加

 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、そして2018年ワールドカー・オブ・ザ・イヤーを受賞した、ボルボとして世界最量販車種となるボルボXC60に、48VマイルドハイブリッドのB5グレードが加わった。 【写真】まるで芸術作品! 自宅に飾っておきたくなるクリスタルのシフトノブ  ボルボは2017年の時点で、2019年以降の新規導入車において全モデルの電動化を宣言している。ここで言う電動化とは、EVはもちろん、すでにXC60 T8で採用済みのPHEV、HV、マイルドHVを指している。  実際、現在の日本におけるXC60シリーズのラインアップは、クリーンディーゼルターボのD4 AWD、今回紹介する新しいマイルドハイブリッドのB5 AWD、そしてPHEVのT8 Twin Engine AWDという、3種類のパワーユニット搭載車に集約されている。以前のT5といった純粋なガソリン(ターボ)エンジンはすでに姿を消しているのである。何しろ、スウェーデンの環境大臣が、「2030年までにエンジン車を廃止すべき」と発言しているほどで、スウェーデンの自動車メーカー、ボルボは全モデルを電動化させる最初のプレミアムブランドになるということらしい。  さて、新しいXC60 B5だが、従来のXC60に対して、エクステリアやインテリアデザイン、装備などの変更はなし。注目点は主にパワーユニットで、最新の第三世代となるDrive-E、2リッター直4ターボエンジンにISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)を付加。ISGMは、運動エネルギーを回収することで発生する電力を48V、0.5kWhのリチウムイオンバッテリーに蓄え、マイルドハイブリッド機構としてエンジンの始動や加速時のアシストを行うことになる。ガソリンターボエンジンの250馬力、35.7kg-mに加え、モーター出力は10kW、40N・mとされている。  同時に、ブレーキバイワイヤー、シフトバイワイヤー、そして気筒休止システムも採用する。1番と4番のシリンダーを休止させる気筒休止システムは、エンジン回転数が3000rpm以下、30~160km/hの範囲内で、なおかつ変速操作が行われず、エンジントルクが安定している条件下で作動し、WLTPモードで2.5~4%の燃費改善が見込まれるという。  とはいえ、HV車は割高になるのでは、と思うかもしれないが、マイルドハイブリッドゆえ、モーメンタムグレードで634万円、インスクリプショングレードで734万円と、じつはクリーンディーゼルターボのD4より安く設定されているのだから、まさに”買い得な”先進のパワーユニットということができそうだ。  さて、今回試乗したXC60 B5は、上級かつおすすめのインスクリプショングレードに、メーカーオプションのエアサス(31万円)や電動パノラマサンルーフ(21万円)、プレミアムサウンド・オーディオシステム(33万円)などを組み込んだ、総額829.6万円に達するモデルだった。  運転席に着座すれば、北欧モダンな雰囲気に包まれ、ドアを閉めた瞬間に外界と遮断されたかのような、静かで心地よい空間に満足できる。インスクリプショングレードのシフトセレクターは、ひんやりとしたさわり心地が特徴の、スウェーデンのクリスタル製品メーカー、オルフィス社製のクリスタル製で、本革シート、センスのいいウッドパネルのあしらいとともに、華美さのない高級感ある演出が見事。

【関連記事】