Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

愛犬の生前に「こんなことをしてあげればよかった」と思うこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
いぬのきもち WEB MAGAZINE

愛犬との別れは、飼い主さんにとってつらいものですよね。 いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、ペットロスを経験したことのある飼い主さん186名に「『生前にこんなことをしてあげればよかった』と思うこと」について、アンケート調査を実施しました。 この記事では、飼い主さんたちが答えてくれた回答の一部を紹介します。

もっと遊んだり、愛情を注いであげたかった

「もっと遊んであげればよかった」「もっとかわいがってあげればよかった」などという声が多く見られました。 「もっと一緒にいる時間やかかわる時間を作ってあげればよかった」 「もっと遊んであげればよかった」 「もっと一緒にいてあげればと思い、いろんなところにもっと一緒に行きたかった」 「人間都合で散歩に行かないがときあったことを後悔している」 「お留守番させていることが多かったので、もっともっと一緒に遊んであげたらよかった」 「もっと一緒にいる時間を作ればよかった。もっと犬のためにできることがあったんじゃないか、もっと愛情を注げたんじゃないかと後悔ばかりです」 「日常的なこと。もっと散歩に連れて行ってあげればよかったとか、おいしい物を食べさせてあげればよかったとか。1番は、息を引き取るとき駐車場にいて、あと1分でも早く家に着いていればと何度も思いました」 「もっとかわいがってあげたかった。もっと一緒にいてあげたかった。もっともっと…と思います」 「何もかも、もっともっとしてあげればの気持ちが溢れてきた」

そばにいてあげたかった…

愛犬の最期を看取れなかった飼い主さんからは、次のような声がありました。 「亡くなる瞬間に声をかけてあげたかった」 「最期のときにもっとそばにいればよかった」 「嫌いな病院でひとりで死なせてしまったので、看取ってあげたかった。もっとかわいがってあげたかった」 「最期のとき、一緒にいてあげたかった」

もっと愛犬の健康に気を遣ってあげたかった…

もっと日頃から愛犬の健康に気を遣っていればよかった、などという声もありました。 「もっと、その後のことを考えたご飯を用意できたんじゃないかなって、ずっと思ってます」 「体調の変化に気がつき、早く病院に行けばよかったと思います」 「元気だから病院に行かなくていいやと思わず、毎年健康診断をして、病気がないか調べてあげればよかった」 「もっと健康に気配りすればよかった」 「病気の知識を持って毎日を過ごせばよかった」 「気づいたことは何でもお医者さんに相談すればよかったです」 愛犬が生きていたとき、飼い主さんたちはきっとそのときにできることをやってあげたはず。でも、「もっとこうすれば…」という気持ちを持ってしまう方も多いようです。 今、犬を飼っているみなさんは、愛犬と一緒にいる時間が限られていることを改めて感じるのではないでしょうか。愛犬との時間、大切にしたいですね。 『いぬのきもちWEB MAGAZINEアンケート vol.114』 ※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。 文/雨宮カイ

いぬのきもちWeb編集室

【関連記事】