Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クラウス・シュルツェが音楽を担当、上映禁止が相次いだ映画『アングスト/不安』予告編解禁

配信

Billboard JAPAN

 実在する殺人鬼の狂った心情に迫る実録スリラー映画『アングスト/不安』が、7月3日よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開。元タンジェリン・ドリーム、アシュ・ラ・テンペルのクラウス・シュルツェが担当した音楽も聴かれる予告編と、劇中の場面写真が解禁された。 その他の画像  1983年にオーストリアで誕生した映画『アングスト/不安』が、37年の時を経て日本劇場初公開される。本作は、1980年に同国で実際に起きた殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化。83年公開当時は、そのショッキングすぎる内容により本国オーストリアでは1週間で上映打ち切り。他ヨーロッパでも上映禁止、イギリスとドイツではビデオの発売も禁止、アメリカではXXX指定を受けて配給会社が逃げたという。  日本でも劇場公開されず『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』というタイトルで1988年にレンタル用VHSが発売されたが、世の中に出回った数は極少。ほぼ誰にも観られることなく地下に埋もれ、観たくても観れない作品となり現在に至る。  このたび解禁された予告編は、イタリアの詩人ダンテによる長編叙事詩『神曲 地獄篇』より、「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」という一節が冒頭に映し出される。これはジェラルド・カーグル監督の要望により今回、日本版の予告のみに入れたもので、この門をくぐる者=この映画を観る者への警告ととれる言葉だ。  作曲家クラウス・シュルツェによる冷たく脈打つようなエレクトロサウンドと、アカデミー賞最優秀短編アニメ賞を獲得した『タンゴ』やジョン・レノン、ミック・ジャガーらのMVで知られる世界的な映像作家、ズビグニェフ・リプチンスキによる独特のカメラワークによる予告編にて、鑑賞する(できる)か否かを判断してみては。 ◎公開情報 映画『アングスト/不安』 7月3日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開 配給:アンプラグド ◆監督:ジェラルド・カーグル  ◆撮影・編集:ズビグニェフ・リプチンスキ ◆音楽:クラウス・シュルツェ ◆出演:アーウィン・レダー、シルヴィア・ラベンレイター、エディット・ロゼット、ルドルフ・ゲッツ 1983年/オーストリア/87分/カラー/ビスタ/R15+ (c)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

【関連記事】