Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ガチャマンでお願いします」…チャッカマンでもガッチャマンでもありません!<おもしろ業界用語・ガソリンスタンド編>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
まいどなニュース

車を運転する人は必ずお世話になるガソリンスタンド。セルフサービスのスタンドが増えつつあるが、無人ではなく、少数のスタッフは常駐する。人が働いていれば、やはり業界ならではの用語が存在するもの。ガソリンスタンドのスタッフどうしで交わされる用語について、元店長のCさんに教えていただいた。 【写真】満タンになったらノズルから「ガチャッ」と音がして給油が止まるから… ■「ガソリンスタンド」は和製英語 ガソリンスタンドまたは給油所とは、自動車やバイクの燃料であるガソリンと軽油のほか灯油など、燃料を販売する施設を指す。その「ガソリンスタンド」という呼び方が、じつは和製英語だという。 「たとえばアメリカへ行って『Gasoline stand』といっても通じません。あっちでは『Filling station』とか『Gas station』といいます」 ちなみに日本の元売り会社や経済産業省では「サービスステーション」と呼び、「SS」と略されるというからややこしい。 ■「ガソリンと軽油はどう違うの?」という超初歩的なギモン 「大事なことですけど、よく分かってない人が多いみたいです」 一般的な乗用車の多くは、ガソリンエンジンを搭載している。だから給油の際は「ハイオク」と「レギュラー」を区別すればいいだけ。もし間違えて給油しても、2000年以降に製造されたエンジンは制御プログラムがはたらいて、自動でそれぞれに応じた設定になるそうだ。 燃焼は自動的に制御されるが、ハイオク仕様のエンジンに、間違ってレギュラーを入れたら、パワーが落ちたり燃費が悪くなったりする。そして、ハイオク仕様なのに一定期間つづけてレギュラーを使うと、点火プラグが煤にまみれて洗浄が必要になることがある。 「逆に、ふだんレギュラーを入れている車に、ハイオクを入れたら困ったことになります。ハイオクは値段が高いですから、余計な出費になります(笑)」 レギュラーとハイオクを間違えても、エンジンにほとんど影響しないことは分かった。だが、メーカー指定のガソリンを使わなかったことで、保証の対象外になってしまう場合があるから注意したほうがいい。 一方、軽油はディーゼルエンジンの燃料だ。トラックやバスなど、大型でパワーを必要とする車の多くはディーゼルエンジンを搭載している。 ところがガソリンエンジンのトラックもあるし、ディーゼルエンジンの乗用車もあるから、これもまたややこしい。 セルフのスタンドが増えてから、ガソリンと軽油を間違えて給油してしまうトラブルが多いという。 「自分が運転している車の燃料が、ガソリンか軽油か、気にしないで乗っていた人が多かったってことでしょうね」 一時「“軽”自動車だから“軽”油を入れちゃった」というミスが増えていると報じられたことがある。 「そういうミスは、じつは多くなかったみたいです。まったく無いわけじゃないですけど(笑)」 フルサービスのスタンドでも店員が間違える事例もあるというから、人がやる以上、ミスはどうしても避けられないようだ。 ■ガソリンの「ハイオク」「レギュラー」って何の区分? 「専門的に説明したら長くなりますけど、簡単にいうとノッキングの起こりにくさを示す数値です。数字が大きいほどノッキングを起こしにくくなります」 ノッキングとは、エンジン内で起こる異常燃焼のこと。分かりやすい現象としては、加速が鈍くなる。 純粋なガソリンは自然発火しやすく、そのままだとノッキングを起こして使いづらい。だから、ノッキングを起しにくくする添加物を加える。この添加物が多いと、オクタン価が高いということになる。 日本工業規格(JIS)では、オクタン価96以上のガソリンを「ハイオクタン」、89以上を「レギュラー」と区分している。 ■「ガチャマン」「ケイコウカン」「TBA」は現場でよく使う? 最後に、細かい用語を3つご紹介しておこう。 「聞き間違えやすいかもしれませんが、火をつけるチャッカマンじゃなく『ガチャマン』とは、ノズルを給油口に差し込んだままにしておいても、上がってきた油面をセンサーが感知して勝手に給油が止まる。このとき『ガチャッ』って音が鳴るんです」 満タンになったら「ガチャッ」と音がして給油が止まるから、「ガチャ」+「マンタン」で「ガチャマン」というわけ。 ガチャッと鳴るまで給油する「入れ方」の意味でも使われ、店員にオーダーする際「ガチャマンまで」といえば分かってくれる。 「ケイコウカンは、よく聞くと思います。漢字で『携行缶』と書いたら分かるかも」 燃料を入れて持ち運ぶ(携行する)ための容器(缶)で「携行缶」だ。ガソリンのほか軽油や灯油を運ぶのにも使われ、一般的な容量は20リットル。スタンドの店員は、コツをつかんだら4ついっぺんに持ち運べるようになるという。 「TBAは、スタンドで扱う販売品目の頭文字です」 Tはタイヤ、Bはバッテリー、Aはアクセサリーのこと。これらをひっくるめて「TBA」と呼んでいたそうだ。 (まいどなニュース特約・平藤 清刀)

まいどなニュース

【関連記事】