Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

我が子を性被害から守るために「3歳になったら性教育を」

配信

FNNプライムオンライン

ベビーシッターの大手マッチングサイト「キッズライン」の登録シッターが、預け先の5歳の女の子にわいせつな行為をし逮捕されるという事件が起きた。 母親が在宅ワーク中の隣室でも犯罪は行われていて、キッズラインを何度も使っていた私もかなりのショックを受けた。 【画像】動物や人間のカードを使い、性について分かりやすく教える 生活していれば親の目が届かないときはたくさんある。 子供たちを性犯罪から守るにはどうしたらいいのだろう。

触らせてはいけない「大事な場所」がある

「小さいうちから、人に見せても触らせてもいけない、自分だけの大切な場所があるんだということを教えておくことがとても大切です。」 「明るい性教育『パンツの教室』」主宰・のじまなみさんはこう語る。 そして今日からでも家庭で性教育を始めてほしいと言います。 「口、胸、性器、お尻。 この4カ所は見せても、触らせてもいけない自分の大事な部分だと、子供たちに伝えてあげてください。『水着ゾーン』と呼んでいます。 幼い子供って、自分でイメージできないと気を付けることが難しいんです。 だから、『水着で隠れるところと口』と教えてあげるといいです。 同時に、お友達のこういうところにも触っちゃダメだよと伝えます。」 のじまさんは、子供が大人の言葉を理解する3歳くらいになったら、きちんと性について理解させることが、自分の子供を性被害者、性加害者にさせないために絶対に必要なことだと言う。 自身も3人の娘の母親で、子供が成長する過程で様々な危険を感じたことから性教育の大切さを感じたと言う。とても明るい人だ。

性教育後進国ニッポン

「性教育、性というのは、どこか恥ずかしいもの、口にしてはいけないものという考えが日本ではまだまだ根強いです。 性教育のスタート時期は5歳からというのが世界のスタンダード。小学校に上がると性交渉や妊娠、避妊などについて教える国が多く、お隣の中国でも始めています。」 一方、日本の教育現場では性教育は4年生から始まるが、「受精に至る経過」や「妊娠の経過」など、性交渉にまつわるようなことには触れないことになっているというのだ(「学習指導要領」)。 「性について『寝た子を起こすな』と言う人もいますが、現実には『もう寝た子は起きている』んですよ。『性産業先進国、性教育後進国』というのが日本につけられたあだ名です。」 年間数千人もの母親たちと接し彼女たちの「生の声」を聞いているのじまさんは、それまでのにこやかな表情を引き締めてこう語る。 「皆さんが想像している以上のことが子供たちには実際起こっています。SNSで裸の男性の写真が送られてくるなど、インターネットを使った性被害も増えています。 また先生と呼ばれる人などから性被害を受けたということも結構聞いています。 子供同士のトラブルというのも本当にたくさんあるんです。まさかうちの子が、と皆さんおっしゃいますが、我が子は被害者にも加害者にもなりえるということを知ってください。」 私自身5歳と4歳の男の子の母である。 「子供同士でも」という言葉に動揺し「え、そうなんですか?」と思わず身を乗り出してしまった。

【関連記事】