Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

俳優歴33年・萩原聖人、麻雀映画「打姫オバカミーコ」で初の雀士役「あえてやらないと決めていた」SKE48・須田亜香里と原作者への恩返しで決意

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 10代から俳優として活躍してきた萩原聖人が、俳優歴33年となった今秋、ついに「雀士役」を演じることになった。麻雀漫画を原作とした映画「打姫オバカミーコ」で、SKE48・須田亜香里が演じる主人公・丘葉未唯子(ミーコ)に、麻雀を教える元王者の麻雀トッププロ・波溜晴を演じている。個人としては長年に渡り麻雀対局番組で活躍し、2018年にはプロ転向。プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の選手としても活躍しているが、意外なことに「雀士役」を演じるのは今回が初めてだ。「あえてやらないと決めていたところもあった」という胸中を聞いた。 【動画】萩原聖人、2019シーズンハイライト  “俳優雀士”という言葉は、長く萩原を表現するものとして使われてきたが、今まで萩原が俳優として麻雀を打ったことはほとんどなかった。「伊集院静さんのスペシャルドラマで、雀荘の客を1度だけやったことがありますが、ほぼ初めて」だという。数々の対局番組で、まさにドラマチックなアガリや勝利をつかんできただけに、雀士役も多数あると思われがちだ。「アニメでは『アカギ』をやらせてもらいましたが、生身で雀士をやるのは初めてですね。あえてやらないと決めていたところもあったので」と、趣味の域を超えて関わる麻雀において、鬼気迫る表情で打ち続けてきたものの、“演じる”ことでは距離を置いてきた。  長年貫いてきたポリシーに変化が生じたのは、共演者である須田への恩返しの思いがあるからだ。「須田亜香里さんをミーコに推薦したのが僕なんです。イメージがぴったりだったのですが、実際に演じたところを見ても本当にぴったりでした」と、明るく前向きなキャラクターとのシンクロ率は非常に高かった。「彼女なりに考えて、生身でしゃべったり動いてくれたりすることが、愛おしくて、愛らしかったですよ。映像を見てもらえればわかりますが、この映画は彼女がいるから成り立っている。そんな須田さんが麻雀の作品に関わってくれたことに、どう恩返しをするか。麻雀をテーマにした作品で主演してくれたことが、いかに素晴らしいか。麻雀プロとして関わる人間全ての義務というか、それぐらいの覚悟でやらないといけないんじゃないかと思います」と腹を括り、自分も全力で雀士役を演じた。

【関連記事】