Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

絶対知ってるあの果物!「李」の読み方、わかりますか?

配信

CanCam.jp

早口言葉に出てくるあの果物!

食べ物の漢字って難しいものが多いイメージがありませんか? 例えば、海の生き物の「海鼠」「海鞘」、夏にぴったりな「酢橘」「香母酢」などなど。順番に「なまこ」「ほや」「すだち」「かぼす」ですよ。読めましたか? 普段ひらがなやカタカナで目にすることが多いからこそ、漢字になるとわからなくなってしまいますよね。 「兀兀」って読める?「パイパイ」じゃないよ! 今回も読めそうで読めない食べ物の漢字クイズを出題します!

ヒントは、甘酸っぱい…です!

「李」。名前にも使われる漢字ですが、実はこれ一文字である食べ物のことを指すんです! どんな食べ物なのか、『デジタル大辞泉』(小学館)から見てみましょう! バラ科の落葉小高木。葉は長楕円形。春、白色の5弁花が密集して咲く。果実は桃に似てやや小さく、黄赤色に熟し、少し酸味があり、食用。中国の原産。 桃に似た少し酸味のある果物。なんとなく想像がつきましたか? ここでもうひとつヒント。有名な早口言葉でこんなものがありますよね。「〇〇〇も桃も桃のうち」。聞いたことがある人も多いのではないでしょうか? 〇〇〇の部分に「李」の読み方が入ります! 答えはもう分かりましたか?

正解を発表します!

読み方は「すもも」でした。 桃に比べて酸味が強いことが和名の由来なんだとか。「すもも」という呼び方のほかにも「プラム」「ハダンキョウ」とも呼ばれるそうです。8月からが旬の李、食物繊維やミネラルが豊富なので、夏バテ防止にも最適です♪ ぜひ旬のうちに漢字も覚えてくださいね!(岩川菜奈)

【関連記事】