Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『逃げ恥』など撮影。ロケ地としても愛された神保町の居酒屋「酔の助」が閉店「コロナだからしょうがないけど、悔しいね」

配信

週プレNEWS

「大家に店の鍵を返しに行ってきたよ。コロナだからしょうがないけど、悔しいね」 東京・神保町の大衆居酒屋「酔の助(よのすけ)神保町本店」が5月28日に閉店した。その日、店長の一山文明(66歳)は"最後の仕事"を終え、寂しげにそう呟いた――。 【画像】40年にわたる営業を終えた「酔の助」 1979年8月、「酔の助」は神保町の裏路地に開店した。当時、一山は26歳。革製品のセールスマンだったが、親交のあった「酔の助」の創業者から声を掛けられ、「昼は革ジャンやベルトを売り、夜はバイトで皿洗い」という二足のわらじで、店を手伝うことになった。 バブルを追い風に「酔の助」は繁盛した。開店から2年半後、飯田橋に2号店をオープンすると、一山は昼間の仕事を辞め、飯田橋店の店長になった。「その頃はほぼ休みなく、月350時間は働いたね。風呂に入る暇もなく、入浴はサウナで週一回だけ。きつかったけど、店で働いているのが楽しかった」。 だが、店長になって12年、バブルが弾けて店は傾き、閉店を迎える。当時40歳だった一山は神保町本店に舞い戻り、店長を任された。その後、2004年頃に"転機"が来る。 BS‐TBSのロケ番組『吉田類の酒場放浪記』で店が取り上げられると、立て続けに携帯電話「ボーダフォン」のCMのロケ地に使われた。「CMキャラクターは俳優の成宮(寛貴)君とベッキーちゃん(笑)。店で撮影したのは成宮君だけだったけどね」。 CMの"宣伝効果"は抜群だった。放映が始まると全国から客が訪れ、ドラマや映画、CM、バラエティ番組の再現ブイまで、撮影依頼が続々と舞い込むようになる。これまでロケに使われた作品は「去年が50本で、一昨年が45本だから、軽く数百はいくね」。その中にはドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や、映画『舟を編む』『火花』など話題作も多い。 セットでは生み出せない昭和風情を残した店の雰囲気と、近隣にロケ車を停める駐車場が豊富な点、さらには一山の"キャラ"が映画やテレビの関係者から重宝された理由だ。 「撮影依頼は断ったことがない。朝、昼、夜、営業中でもいいよって、依頼があれば二つ返事。制作スタッフからしたら撮影日の確保が難しい中、貴重な店だったと思う」 ただ、営業前に撮影をやる場合は早朝でも一山が早出をして付きそった。営業中なら客は喜ぶが、店にとっては本業に支障が出かねない。「2年前にはNHKの『となりのシムラ』で志村けんさんの撮影を満席時にやった。店から出るシーンだけだったけど、スタッフさんが『お客にバレちゃまずい!』と言うんで隠すのが大変でね。志村さんには撮影が始まるまでずっと、レジの裏に隠れてもらってたの」。 額は明かせないが、「撮影協力費なんて大したもんじゃない」。それでも一山が協力を惜しまなかったのは、「僕は無類のテレビ好き」だから。「放映中のドラマはぜんぶ録画する。それをまとめて視るのが休日の楽しみだった」。 生で見る役者やタレントは画面越しに見るより輝いてみえた。 「真っ先に思い出すのは加藤剛さん。ガンで亡くなる数年前、映画『舟を編む』の撮影で店に来たの。休憩中、オダギリ(ジョー)さんや(松田)龍平ちゃんは座敷で寝そべりながら談笑したりしてたんだけど、加藤さんはマネージャーに付き添われながら、ずっと椅子に座ってた。歩く時も腰が曲がってね、とにかくしんどそうだった。でもカメラの前に立つと、腰はピンと伸び、顔に生気が戻るのがありありと分かるの。すげぇな!って思ったよ」

【関連記事】