Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シャンプーハット・こいで、急性咽喉頭炎で入院 吉本興業が発表「数日後に退院する予定です」

配信

オリコン

 お笑いコンビ・シャンプーハットのこいで(44)が21日、急性咽喉頭炎のため入院した。所属事務所の吉本興業が同日、発表した。 【写真】こいでとイニエスタ選手が乾杯  吉本興業は「シャンプーハットこいで、入院のご報告」と題して書面を発表。「弊社所属シャンプーハットこいで(本名:小出水直樹/こいでみず・なおき)が『急性咽喉頭炎』のため、入院しましたのでご報告いたします」と明かした。  こいではきょう21日に、喉の痛みと38度の発熱を訴え、大阪市内の病院を受診。「担当医から、急性咽喉頭炎で3~4日間の入院治療が必要と診断されました。数日後に退院する予定です」と説明。「関係各位、ファンの皆さまには大変ご心配、ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解賜りますよう、お願いいたします」としている。  こいでは、1976年2月1日生まれ。大阪府出身。コンビでは、1998年に『ABCお笑い新人グランプリ』第19回優秀新人賞を受賞したほか、1996年に『オールザッツ漫才』で優勝。2020年は『第55回上方漫才大賞』の大賞に選出された。

【関連記事】