Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

汚れ極少でもコーティング済みでも水だけではダメ! 洗車時にカーシャンプーが必須なワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

汚れの量に限らず洗車キズを防ぐことができる!

 洗車をするときはカーシャンプーを使う。これは基本中の基本とされていた。しかし、最近は塗装自体もよくなっているし、コーティングが普及していることもあって、ボディがひどく汚れることは少なくなってきている。昔なら、放置しておくと雨染みや水アカ、ホコリなどが大量に付いて非常にみっともない状態になったりしたものだ。 【写真】「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法とは  そこまで汚れていればシャンプーが必要なことはわかるが、うっすらと汚れているぐらいなら、シャンプーは必要ないのではと思うこともある。もちろんかけているコーティングがカーシャンプーを使わなくてもいいことを売りとしているなら必要はない。  しかし実際のところ、カーシャンブーを使うかどうかとなると、汚れの量に限らず使ったほうがいい。シャンプーは洗剤として汚れを落とすだけでなく、もうひとつの大きな役割がある。それはキズの防止だ。  女性用の洗顔フォームでも提唱されているのを見かけるが、泡をたっぷりと立てることで、クッションになってダメージを抑えてくれる。クルマの場合は、スポンジと塗装の間に泡が入ることでダイレクトに当たるのを防ぎ、キズがつくのを防ぐ。スポンジ程度でキズが付くのかと思うかもしれないが、塗装は非常にデリケートであるため厳密に言うと付いてしまうのだ。

ゴシゴシとこすることによるキズや手間も減る

 また、泡が下に入り込むことで汚れを浮かせ、包み込むようにして取り除くことができるので、汚れを落とす際も効率がいいとされているし、ゴシゴシこすらなくて済むのでこの点でもキズを防止できる。とにかく泡のメリットは多い。  コーティングをかけている場合は水洗いだけでもいい場合があると紹介したが、それでも可能なら使うに越したことはない。確かにコーティング被膜は硬く塗装を守ってくれるが、それ自体にどうしてもキズは付いてしまう。逆を言えば硬いだけにキズが入ってしまうとも言えるのだが、いずれにしてもシャンプーを泡立て優しく洗ってやるのは悪いことではない。  最後にシャンプーの効率のいい泡立て方だが、濃縮タイプの場合はシャンプーを先にパケツに入れて、そこに勢いよく水を注いでやるとモコモコと勝手に泡が立ってくる。消えてきたら、スポンジを中で揉んで泡立てるといい。洗車の場合はバケツ一杯のシャンプー水を使い切るのを目安として、たっぷりと使って洗ってやろう。  一方、原液タイプは泡立てにくいが、スポンジにたっぷりと水を含ませてシャンプーを付け、よく揉むと泡が立ってくる。泡が切れやすいので、マメにスポンジに補充するのがポイントだ。  どちらもスポンジはシャンプー用の大ぶりで穴がランダムに沢山空いているものを使うようにしよう。スポンジが硬いだけでも塗装にキズが付く可能性は高まるのだ。

近藤暁史

【関連記事】