Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なかなか売れない甘酒、「おいしさアピール」を放棄したら…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

世のなかには、パッケージを変えただけで売上が10倍以上に増えた、営業をしなくとも販路が広がった、という事例が無数にあります。あなたの商品も、パッケージを変えることで、売上が増える可能性を秘めているかもしれません。

売上に伸び悩む「甘酒」のパッケージを変えてみたら…

飲食物をPRする際、おいしさを前面に打ち出したフレーズを使っても効果はありません。消費者にとって、おいしいのは当たり前だからです。 味をアピールするよりも、どんなシチュエーションで、どんなふうに食べたり飲んだりすればよいのか、具体的に提供すると効果的な場合があります。 徳島県吉野川市の「山川町生活改善グループ」は、シーンを絞って伝えることでヒット商品の開発に成功しました。同グループのリーダー中川成子さんはかつて、主力商品である「甘酒」の売上が伸びないことに悩んでいました。 「こんなにおいしいのに、なんで売れないんだろう」と、何度も品質改良を重ねましたが、売上には結びつきません。 悩み抜いた末、パッケージをリニューアルしたい、と私を訪ねてこられました。甘酒は主にどんな人に、どのようなシーンで飲まれているのだろうか。中川さんを通してリサーチしたところ、意外なことがわかりました。 朝飲んでいる人が多かったのです。 調べてみると、甘酒はブドウ糖を多く含み、脳のエネルギー源として、また疲労回復効果に優れていることから、「飲む点滴」とも呼ばれ、朝食代わりに飲むととてもいいことがわかりました。そこで思いきって朝の一点にシーンを絞り、ネーミングを変更しました。 その名も「慌ただしい朝に天然チャージ 朝飲む麹 つぶつぶ麹甘酒」。 また、それまでは500㎖と1ℓの2種類のパッケージしかありませんでしたが、「朝飲む麹」は250㎖の飲み切りサイズとしました。 現在、定期販売は行っていませんが、地域のイベントやマルシェなどに出品しています。そして「飲み切りサイズで便利だから」と一度購入した人が、甘酒の味や効能を知り、500㎖、1ℓの従来品を購入するというリピートにもつながっています。また、スポー ツイベントなどにも出品しているため、スポーツマンにも愛飲家が広がっています。 このように、「お客様がこの商品で、どんなシーンで、どんなときに、どんな価値を得るのか」を考えると、ヒット商品の開発につながっていきます。

【関連記事】