Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

網膜投影HMD「RETISSA Display II」、ビックカメラでの販売を開始

配信

BCN

 QDレーザは、ビックカメラのコンタクト事業部と連携して、ヘッドマウントディスプレイ「RETISSA Display II」をビックカメラ有楽町店とオンラインショップのビックカメラ・ドットコムで5月21日に発売した。ビックカメラ・ドットコムでの税込み価格は29万8000円。  RETISSA Display IIは、3原色レーザ光源からの微弱な光と、高速振動する微小な鏡である「MEMSミラー」を組み合わせることで、網膜上に映像を描き出すレーザ網膜走査技術「VISIRIUMテクノロジ」を採用したヘッドマウントディスプレイ。  超小型プロジェクタユニットから、片眼の視野中心部にHDMIで接続可能な機器からの映像を、直接投影できる。原理上、装着者のピント調節機能の影響を受けにくく、近視、遠視、乱視、老眼であってもメガネやコンタクトレンズなどの矯正手段を用いることなく投影映像を見られる。また、ピント位置の影響なく視野に映像が重なるので、背景と投影映像のピントずれがないAR(拡張現実)を体験できる。  網膜上でのビーム品質をチューニングすることで、解像度を向上するとともに、汎用のAR製品や同社の従来機種などと比較して約半分の大きさの、より小さな文字まで読める。  本体は非常に軽量で、プロジェクタ固定位置を簡単に調整できる。取り外し可能なレンズホルダは、レンズ交換にも対応する。また、スイッチで投影映像の左右を切り替えられる。  入力解像度が最大1920×1080で、アスペクト比が16:9。本体に、HDMI入力と音声出力用の直径3.5mmステレオミニジャックを備えている。電源は、USBポートから供給し、市販のモバイルバッテリが使用できる。  プロジェクタ部は、サイズが幅65.0×高さ20.0×奥行き83.5mm、重さが約40g。コントローラ部は、サイズが74.0×高さ29.25×奥行き150.0mmで、重さが約260gとなっている。

【関連記事】

最終更新:
BCN