Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Japan Data】雇用情勢悪化 : 有効求人倍率1.2倍に

配信

nippon.com

新型コロナウイルスによる「自粛」「休業要請」で雇用情勢が急激に悪化した。緊急事態宣言は解除され、社会・経済活動は徐々に元に戻りつつあるが、感染者は再び増加傾向にある。雇用の先行きも不透明だ。

新型コロナウイルスによる自粛や休業要請によって経済・社会活動が大幅に停滞したことで、雇用情勢が急激に悪化している。

厚生労働省が公表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月から0.12ポイント低下の1.20倍となった。低下は5カ月連続で、5月の下げ幅は1974年の第1次石油ショック後の1974年2月に0.20ポイント低下したのに次ぐ、過去2番目の大きさだった。 求人倍率は、求職者1人対して企業から何件の求人があるかを示す数値。4月に緊急事態宣言が発令され、求人を抑制する動きが拡大、有効求人数が過去最大の8.6%減となったことが響いた。 一方、総務省が公表した5月の労働力調査によると、完全失業率(季節調整値)は0.3ポイント上昇の2.9%となり、3カ月連続で悪化した。17年5月(3.1%)以来の高水準。完全失業者数は前月比19万人増の197万人。

【関連記事】